FIFA Club World Cup 2007



2nd ROUND
Etoile Sahel-CF Pachuca



MATCH FOR 3rd PLACE
URAWA REDS-Etoile Sahelル



FINAL
AC Milan-Boca Juniors



FIFA Club World Cup 2008



1st ROUND
Adelaide United FC-Waitakere United



SEMI-FINAL
CF Pachuca-LDU de Quito



MATCH FOR 5rd PLACE
Al Ahly-Adelaide United FC



SEMI-FINAL
GAMBA OSAKA
-Manchester United FC



MATCH FOR 3rd PLACE
GAMBA OSAKA-CF Pachuca



FINAL
Manchester United FC-LDU de Quito




Awards ceremony



2016 J.LEAGUE CHAMPIONSHIP



FIFA Club World Cup 2016



1st ROUND
Orckland City FC-KASHIMA ANTLERS



2st ROUND
Jeonbuk Hyundai Motors FC
-Club America



2st ROUND
Mamelodi Sundowns FC
-KASHIMA ANTLERS



SEMI-FINAL
Club America-Real Madrid



MATCH FOR 3rd PLACE
Club America-Atletico Nacional



FINAL
Real Madrid-KASHIMA ANTLERS


 
三位決定戦終了後、決勝戦までは少し時間が空く。
ピッチ上ではケミストリーが大会公式ソングを含め3曲ほど歌っていたが、 個人的には完全にトイレ&休憩タイム。 体を温める為、温かい飲み物を買いに行くが、売店はすでに長蛇の列。 この時期に、この寒さ、この観客数を考えるとコーヒーや熱燗だけの特設売場を設けてもいいのではないかと思うが、 そういった工夫は一切見られない。 チケット代やグッズ等で妙に商売気を出すのなら、こういう所でもその嫌らしさをしっかり発揮して欲しい。 ?

話は脱線したが、ピッチ上では決勝戦を前にセレモニーが開催されている。 「侍の果し合い」をイメージした演出は、映像で補完されなければ全く解らない。 最後に花火と共に大きな「決」「戦」の文字が現れるが、外国人には理解出来ただろうか?
試合開始前、ACミランの選手が現れるとスタジアムは大歓声に包まる。 やはり人気チーム、観客の大多数はACミランがお目当てらしく、 レプリカユニフォームも多く見かける。 ただ、ミランの選手が黙々と体を温める中、一向にボカの選手が現れない 。まだかまだかと待っていたが、そうこうしているうちにミランの選手が退いていった。 今まで色んな試合を見てきたが、 試合前のアップ現れないチームは初めて見た。 「ボカに何かあったんじゃないの?」という声も聞こえ一瞬不安になったが、 普通に入場してきてちょっと安心した。
 
 
 
 

 

 
感想を簡単に。

・ACミランは浦和戦からメンバーを三人入れ替え。 特にジラルディーノと代わって入ったインザーギが大当たりで、らしい先制点を奪取。 ただ、ボカも直ぐに追いつき、その後も優勢に進め、前半は終了。
・後半開始早々、ネスタが豪快に叩き込み、ミランの勢いが加速。 特にカカはインザーギやセードルフとのコンビネーションを見せたかと思うと、 凄まじい切れ味のドリブルで縦横無尽にボカディフェンスを切り裂き、 1得点2アシストで文句なしのMVP。
・ACミランはチームとしても4得点を挙げる等、素晴らしい出来だったが、正直ボカが悪いとは感じない。 それ以上に、カカを中心としたミランの出来が良すぎた。 ただ、このチームが国内リーグでは低迷しているというからサッカーはわからない・・・。



今大会は形式変更後の3大会の中で、一番盛り上がったと感じる。 その要因の一つとして、やはり浦和レッズがアジア代表として出場した事が大きかったと思う。 アジア代表として勝ち取った3位という場所は非常に価値があるだろう。 ただ、、世界三位と言っても素直に喜べるとは思わない。 一位と二位の間の差は充分に背中が見える範囲だと思うが、 二位と三位の差はかなりあることは間違いない。 この差をどう埋めるのか?今後の欧州と南米以外の大陸にとってもそうだが、大会にとっても大きな課題と言える。
後はオセアニア大陸代表の問題。 オーストラリアが抜けたことでより一層レベルが下がったこの地域をどうするかを考える事も必要だろう。
何にせよ、開催国持ち回り制という話が出てきた今、もしかしたらこの大会が見れるのも来年が最後かも知れない。 トヨタカップから築いてきた年末の風物詩が生で見る事ができなくなるのは寂しい限りである。


HOME
    inserted by FC2 system