第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第87回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

決勝 鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島



 
 
9月から始まった第87回天皇杯もいよいよ決勝戦のみとなった。
決勝戦は「サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ」。
京都サンガとの入れ替え戦に敗れ、J2落ちが決定したチームとしては初となる決勝進出という快挙を達成した広島は、 ここで優勝を勝ち取り、失ったサポーターの信頼を少しでも取り戻し、一年でのJ1復帰に弾みをつけたいだろう。
一方、鹿島は逆転優勝を飾ったリーグ戦の勢いそのままに、 一気に11冠目のタイトルも狙いたいところだろう。 10冠目のタイトル獲得には時間がかかってしまったが、 11冠目のタイトルはもう既に目の前にぶら下がっているのだ。
 
 
 
 

この日のチケットは追加分も含めて完売。 当日は全日本女子サッカー選手権大会の決勝も開催されるからなのか、 チケットは通常よりも割高の設定がされているが、 各チームのサポーターが自分の愛するチームの優勝を信じて、また、新年の幕開けを天皇杯決勝で迎えたいと思っている熱心なサッカーファンがチケットを抑える為、 毎年いい席はすぐに売切れてしまう。 まぁ、今年は浦和レッズが優勝した去年や一昨年に比べれば全然大した事はなかったけど…
私が到着した時間、すでに女子の試合が始まっていた。 日本代表戦を含め、正直正月ぐらいしか女子サッカーを見る事がないので、選手はほとんどわからない。 試合自体はそれなりに面白かったが、あまりの日差しの良さに気持ちよくなり、 後半はほとんど寝てしまった。 気がついたときには後半ロスタイム、 試合は日テレベレーザが2-0で完勝した。
表彰式が終わり、両チームがゴール裏に挨拶に向かうと、すでに会場に到着している鹿島&広島両サポーターからも祝福の声が上がる。 それに答えるようにTASAKIのサポーターからも、この後試合を控える広島にエールが送らる。 女子と男子、愛するチームは違えども、そこは同じ側のスタンドになった縁、こういう光景は新年早々気持ちが良いものだ。
 
 
 
 
 
ここから会場は一気に天皇杯モードに切り替わる。 ホームゴール裏スタンドに掲げられていた各サッカー協会や連盟の旗に加え、アウェー側のゴール裏スタンドには都道府県大会、及び、本大会共催新聞社旗が並ぶ。 この旗が天皇杯という大会のスケールを表現しているといっても過言ではないだろう。
試合開始45分前、両チームのGKがピッチに現れるとスタンドの熱は一気に昂ぶる。 鹿島スタンドからは選手が現れると同時に「柳沢」と書いた白い紙が多数上がった。 準決勝の時もそうだったが、会場内には至る所に柳沢の鹿島残留を願う弾幕やゲーフラが揚げられ、柳沢に語りかける。 こういった光景もある意味、この時期特有の風物詩かもしれない。
 
 
 
 
また、天皇杯特有といえば、選手紹介や選手入場にこれといった演出がなく、国歌斉唱に有名人が出来て来るぐらいで後は淡々と進む。
 
 
 
感想を簡単に。
・開始早々内田がサイドから駆け上がり、角度のないところからシュート。これが見事にサイドネットに突き刺さり、たった8分で鹿島が先制。
・広島としては前半のうちに同点に追いつき、後半勝負に出たいところだが、柏木が累積警告で出場停止で出られず、代わりに入った高萩が鹿島の強烈なプレスにあい、上手く攻撃が組み立てられない。
・広島が天皇杯でようやく形をつくり、躍進のきっかけともなった「全員守備」は、 鹿島は完全に自分達のものにし、より高度に実践していた。 そうなってくると広島としては最終ラインからのロングボールや、 個人技で勝る駒野のサイド突破に掛けるしかなく、チャンスすら中々作れない。
・終了間際、鹿島での試合が最後になるかもしれない柳沢が投入。 その柳沢が抜け出し、ダニーロが冷静にサイドに押し込み追加点を奪取。 これで完全に勝負があり。

鹿島が10冠獲得からわずか一ヶ月で11冠目を獲得した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
表彰式が終わり、選手が場内を一周する。
私はそれを見届け、スタンドから響き続ける「ヤナギサワ」コールを背に国立を後にした。

鹿島アントラーズの選手、関係者、サポーターの皆様、優勝おめでとうございました。
HOME


inserted by FC2 system