第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第87回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

準々決勝 愛媛FC-川崎フロンターレ



天皇杯もいよいよ準々決勝を迎る。
悲願の初タイトルに向け、順調に勝ち上がる川崎フロンターレと、アジアチャンピオンの浦和レッズを破り、その勢いで横浜FCをも破った愛媛FCの一戦だ。
正直、私にとってもこの対戦カードは意外なものだった。 J2でも下位に沈む愛媛FCが、アジアチャンピオンになった浦和レッズを打ち破るとは全く思ってもみなかった。 埼玉サッカー協会も浦和レッズが勝ち上がると予想していたのだろう。誰だってそう思う、私もそう思っていた。 埼玉スタジアム2○○2で開催するには川崎vs愛媛の一戦はキャパが大き過ぎる。 一発勝負のトーナメントなので、こういう事態は十分に可能性のある事なのだが、 それでも関係者泣かせとなる対戦となった。

 
当日、まぁ当たり前と言っては何だが、スタンドは閑古鳥が鳴いている。 それなりに見所はあるとはいえ、仕方のない事だろう。おまけに午前中に雨が降っていれば、尚更である。

クリスマスが近いとあって、スタンドにはサンタクロース姿のサポーターが目立つ。 愛媛側のスタンドにはミニスカサンタもいるし、クリスマスツリーまである。 愛媛サポーターもまさかここまで来るとは思っていなかったのか、 ここまで来た事を純粋に楽しんでいる様にも見える。 マスコット達もクリスマス仕様で、ほのぼのとしますが、それも試合が始まるまで。 試合は白熱した内容だった。

感想を簡単に。
・試合開始直後、愛媛FCがサイドの裏を取り、積極的に攻め込む。 格上のチームが相手でも守りに入る事なく積極的に攻め込む姿には好感が持てる。 あわやという場面も作るが、ただ、残念ながら長くは続かなかった。
・前半も半分を過ぎると川崎が徐々に愛媛ゴールを脅かしていく。 前半終了間際にコーナーのこぼれ玉を大橋が冷静にゴール隅に叩き込み、川崎が先制。 後半は一方的な川崎ペースで進み、愛媛が退場者を出して完全に勝負あり。 ただ、追加点がPKの1点のみというのが寂しい限りである。

兎にも角にも、川崎は危なげなく準決勝に駒を進めた。 次の相手は鹿島アントラーズ。天皇杯に入ってから若干苦戦が続いているが、 リーグ終盤からここまで負け知らずの11連勝を飾っている。 これまた面白い試合になりそうだ。


(「準決勝:川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ」に続く・・・)


HOME

























inserted by FC2 system