第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第87回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

準決勝 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ


いよいよ今年の天皇杯もこの試合を含めて残り2試合となった。
リーグ終盤から連勝街道を突き進む鹿島アントラーズに、悲願の初タイトルを目指す川崎フロンターレ。
前回カシマスタジアムで対戦したときは、ジュニーニョを押さえ込まれた川崎が、カウンターを効果的に決められ、1−4と大敗してした。 思えば、この試合が鹿島の逆転優勝の切っ掛けとなった試合だった。

それにしても世間は正月休みに入ったにもかかわらず、観客動員は些か寂しいものがある。 両ゴール裏はよく埋まっているが、 メイン/バックスタンドはガラガラである。 前々から感じていたことだが、どうも日本サッカー協会は天皇杯を盛り上げようという気持ちが根本的に足りない、否、全くないのではないかとすら思う。 これだけの歴史ある大規模な大会なのだから、 正直もう少し頑張ってもらいたい。

感想を簡単に。
・試合開始前に決勝戦の相手はサンフレッチェ広島と決まり、今年の実績だけで見ると 事実上の決勝戦と言う声もあちらこちらから聞こえてくる。 試合内容もそれに相応しい素晴しいものでだった。
・結果からいうと、川崎は本山のスパーボレーシュート一発に沈められてしまった。 川崎としては何度もあった決定機を逃し続けた事、これに尽きる。 今期の川崎はセパハン戦、ナビスコ決勝のG大阪戦、この試合と、 大事な試合になれば成程、普段の得点力は影を潜め、決定力不足に嘆いてきた。 正直、普段通りの試合が出来ていない、どこか余所行きの試合をしている感がある。 普段の川崎と全然違うチームの試合を見ているような気さえする。 まぁ、ここら辺が【経験】という奴かもしれない。

天皇杯も残り一戦、私の長かったシーズンも終わりを迎える。
最後の試合も素晴しい試合で締めくくり、新しい年の幕開けを迎えたいたいものだ。


(「決勝:サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ」に続く・・・)


HOME









































inserted by FC2 system