第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第88回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

四回戦 川崎フロンターレ-モンテディオ山形




昨日は違ったどんよりとした曇り空。今日は等々力陸上競技場にやってきた。 長距離の遠征で味わう達成感も捨てがたいが、 自転車で行けるスタジアムというのもなかなか捨てがたい存在である。

本日の対戦は川崎フロンターレ-モンテディオ山形。 川崎は今シーズンもタイトル獲得を明言し、リーグ戦では優勝を狙える位置に付けているが、 天皇杯も決して軽んじる事はないだろう。 一方、山形は来年のJ1昇格が現実的な位置にあるが、手を抜く気配は一切見えない。
 
 
感想を簡単に。
・両チームとも予想通りベストメンバー。 その中で先制したのは山形。立ち上がりからショートパスで攻め込み、石川のフリーキックから石井が頭で完璧に合わせて先制ゴールを決める。 川崎は出足が鈍く、動きも緩慢で、完全に自業自得。
・ただ、ここから川崎にもエンジンがかかり、 ジュニーニョ、鄭大世、レナチーニュー、ビクトール・ジュニオールの前線4人を中心に中村、谷口が絡み山形ゴールを攻め込む。 そんな中、失点の切っ掛けを作った谷口が同点ゴール、 前半終了間際にもビクトール・ジュニオールが決め一気に逆転。 後半も変わらず川崎の一方的なペースで進み、レナチーニョが追加点をあげ完全に勝負あり。 川崎がJ1上位の実力を見せつけ、準々決勝に駒を進めた。
 
 

天候と同じようなどこかパッとしない試合展開に少しグッタリ…。 まぁ、天皇杯らしいといえば天皇杯らしい、どこかマッタリとした空気が支配した試合だった。
ただ、こういう空気感が観客動員が伸びない原因なんだろうなぁーと感じてしまう。

勝ち上がった川崎の次戦はJ2を圧倒的な強さで独走中、 先日J1の東京ヴェルディも撃破した広島と対戦する。 センターラインの要である中村、寺田、川島が抜ける事を考えると勝敗は全く予想できない。
 
 

(「五回戦:大宮アルディージャvs名古屋グランパス」に続く・・・)


HOME

inserted by FC2 system