第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第88回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

決勝 ガンバ大阪-柏レイソル


 
 
 
明けましておめでとうございます。
今年も幸せなことに、天皇杯決勝戦の観戦から暦上の一年が始まる。 今年の決勝は再びアジアの舞台を狙うガンバ大阪と、 石崎監督の花道を飾りたい柏レイソルの一戦となった。 正月早々あの熱い男たちに会えるのかと思うと、ちょっと嬉しくなる。
今年も私のお節はカップヌードルか・・・と諦めていたが、 アウェーゴール裏スタンドの売店にてお雑煮を発見。 これが中々旨くてちょっと幸せな気分になる。 ただ、慣れていない為か驚くほど手際が悪く、しかもすぐに売切れてしまったのは、 せめて正月ぐらいもっと頑張れとしか言いようがない。
 
 
 

先に行われた全日本女子サッカー選手権大会の決勝は4-1で日テレの勝利。 INACが早い段階で退場者を出さなければもう少し違った展開になったかもしれないと思うと 少し残念な一戦となった。
それにしても、今年はさすがに北京オリンピックの活躍もあり、 もう少し観客が増えるかと思っていたが例年とほぼ同じだった。
 

決勝戦を前に柏スタンドは早い時間から盛り上がっている。 久しぶりのタイトルという事もあるが、 石崎監督の最後という事も大きいようだ。 スタンドには元・柏で去年は仙台にいた岡山一成まで登場し、乾杯の音頭を取っている。
それに対してG大阪スタンドは連戦が続いているからか、 ちょっとお疲れ気味の様子。特別な事はなく、普段どおりの応援が展開されている。
 
今年の国歌斉唱は小林幸子。昨日とは打って変わってシンプルで艶やかな着物で登場した。
     
 
 
 
感想を簡単に。
・試合は後半、フランサ、李を投入した柏が勝負を掛けるものの単調な攻めに変化はなく延長戦に。 延長後半、途中出場の播戸が押し込み、疲労困憊のG大阪が二試合連続の延長戦で勝負を決めた。
・山根の怪我で後半途中に3枚のカードを切ってしまった柏に対し、 延長戦までカードを温存し、そのカードが勝負を決めたG大阪。 本当にこの一ヶ月でG大阪は試合を重ねる毎に強くなっていくという印象を決定づけるような試合だった。
   
これでG大阪は二年連続でACLの出場権を獲得した。
思い返せば、結果的にこの一ヶ月はG大阪の試合をかなり見たような気がする。 しかも、G大阪のタイトル獲得を生で見るのは4回目。 そう、G大阪サポーターでもないのに、国内タイトル獲得の瞬間を全て生で見ている事になる。
ナニワトモアレ、おめでとうございます。
HOME

inserted by FC2 system