第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第88回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

四回戦 東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島


三回戦から約三週間、今日からいよいよ四回戦。
この四回戦からはJ1クラブが登場し、これからがある意味本当の勝負が始まる。

この日は西が丘サッカー場に東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島の観戦に来たのだが、 二時間前に到着したにも関わらず長蛇の列を成す広島サポーターを見ていきなり驚かされる。 東京がホームであるヴェルディサポーターより多かったのは完全に予想外だった。 天皇杯だし、まったり見れるかなぁーという淡い期待は完全に崩れさってしまう。 まぁこんな天気のいい日に普段より安い値段で見れるんだから、 サッカー好きにじっとしていろと言うほうが無理な話かもしれない。
 
 
四回戦からパンフレットも変わる。 内容はほとんど代わり映えしない事は知っているのだが、 売り場のお兄ちゃんは「ヤバイっすよ!」と連呼している。 まぁ、そんな言葉には騙されないのだが、 少しでも内容が変わっているのなら買いたくなってしまうのが悲しい性だ。

感想を簡単に。
・試合開始直前、オシム前日本代表監督が会場に姿を現した。 昨日も国立で見たが、今日も観戦するところを見ると体調が良いのだろう。 私は会場でオシムさんを見ると安心というか、ちょっぴり嬉しい気持ちになる。 札幌の総監督という話も出ているが、 色んなスタジアムでオシムさんの姿を見ることが出来なくなるのはちょっと寂しいなぁ…。
・試合前、「主審・家本」の名がアナウンスされると場内はどよめいた。 最近は以前に比べると大分真面になったと思うが、 それでも大多数の観客からすると『あの家本』のようだ。 私個人としてはそれ程気にならなくなったが、 彼が主審を務めると試合内容よりもどうもジャッジの基準の方に目がいってしまう。 この日も比較的流し気味に進めていたが、 やはりどこか気になって中々試合に没頭出来ない。 純粋にサッカーを楽しめる場を提供できていない現状では、 トップリーグのレフリーとしては厳しいと言わざるを得ないだろう。
 
   
・試合は立ち上がりから広島がボールを繋ぎ、東京Vゴールを脅かしていく。 ストヤノフが最終ラインから面白いように長短織り交ぜたパスを通し、 前線では柏木が攻撃を組み立てる。
東京Vは前半終了間際にディエゴが暴力行為で一発退場になった事もあり、 後半は完全に引きこもりに入る。 ただ、目的が明確化されただけに、セットプレーが増え単純にチャンスは増えていた。
しかし、試合を決めたのは広島。スコアレスのままロスタイムに入ろうかという時間に広島の高柳が決め勝負あり。 試合内容だけ見れば順当に広島が五回戦に駒を進めた。
 


(「四回戦:川崎フロンターレvsモンテディオ山形」に続く・・・)


HOME

inserted by FC2 system