第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第88回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

準決勝 横浜Fマリノス-ガンバ大阪



天皇杯も準決勝を迎えた。
決勝戦は年明けになるので、今年最後との公式戦である。
後半戦になるにつれ、チーム力を上げてきた横浜Fマリノスと、 先のクラブワールドカップで3位を獲得したガンバ大阪の一戦。 休養たっぷりの横浜FMに比べ、今月6試合目で怪我人も抱え、満身創痍のG大阪。

この一戦に先立ち、前座試合としてU-15高松宮杯全日本ユースカップが今年も行われた。 最近の子は15歳以下とはいえ体も大きく、技術も私の子供の時とは比べものにならない程成熟されている。 また、この一戦の為だけに新潟から駆けつけたサポーターには頭が下がる。
 
 
試合はFC東京深川が1-0で勝利。見ごたえのある素晴らしい試合だった。 是非、これからも頑張って頂きたい。
 
 
 
  それにしても、今日は12月とは思えない暖かさ。 見る方もこれぐらいの気候なら気持ちよく観戦出来る。 ただ、それでも個人的には秋春制はご勘弁願いたい事には一切変わりない。

感想を簡単に。
・試合は中盤での潰し合いが続き、両チームともなかなかフィニッシュまで持っていく事が出来無い。 G大阪は播戸が決定的なチャンスを得るもポストに嫌わる。 今月既にG大阪の試合を何回か見ているが、ちょっと運がなさ過ぎるぞ。
・結局試合は横浜FMがペースを握るものの決めきれずに延長戦へ。 退場者を出し一人少なくなった横浜FMに対し、 G大阪はワンチャンスをモノにして見事勝利を収めた。
 
 
 
これで決勝戦は柏レイソルvsガンバ大阪というカードに決定。 苦しい試合が続く中でもしっかりと勝ち星を拾い続けているG大阪を見ると、 本当に強くなったなぁーと思う。 他のチームから見れば、相当厄介なチームになりつつある。

これで残すは後1試合、今年も一年ありがとうございました。


(「決勝:ガンバ大阪vs柏レイソル」に続く・・・)
HOME


inserted by FC2 system