第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第88回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

三回戦 横浜FC-沖縄かりゆしFC



今年も天皇杯の季節になった。
毎年の事だが、この大会を観戦すると今年も残り少なくなってきたなぁーと少しセンチメンタルな気分になってしまうが、 今年はニッパツ三ツ沢球技場のこの試合から私の天皇杯はスタートする。

当日は見事な秋晴れで絶好の観戦日和。 こんな日にサッカーを観戦できる事に幸せを感じられずにいられない。 ただ、これだけの好天候にも関わらず、観客動員の面では全く振るわない…。 確かに相手がJFLのチームという事もあるが、それだけでは無いはずである。

 
 
普段JFLリーグを見ない私は【沖縄かりゆしFC】という名前は知っていても、 どういう選手がいて、どういうサッカーをするのかは全く知らない。 ただ、試合自体は90分を通して楽しめるものだった。

感想を簡単に。
・かりゆしFCが綺麗なカウンターで先制点を決めると、すぐさま横浜FCがクリアボールに反応して同点に追いつく。 後半かりゆしFCがことごとくカウンターの芽を摘まれ、守備の時間が長くなるが、 GKの好セーブもあり何とか耐え抜く。しかし、終了間際にに横浜FCが勝ち越し試合は終了。
・終了と同時にピッチに倒れ込むかりゆしFCの選手。その頑張りが、 この試合が白熱した素晴らしい試合になった全てだろう。
   
それは試合後の光景を見ても明らかで、 観客のほとんどが選手を拍手で迎え、健闘を讃えている。 私も立ち上がり、拍手を送る。
かりゆしFCの選手も誰もがやりきったという思いからか、充実した表情を浮かべている。 その姿がなんとも清々しく、非常に印象的だった。


(「三回戦:湘南ベルマーレvs松本山雅FC」に続く・・・)


HOME

inserted by FC2 system