第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FCvs徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.Cvs鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズvsFC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪



第89回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

三回戦 川崎フロンターレ-カターレ富山


 
秋。今年もこの季節がやってきた、天皇杯の季節だ。
去年の今頃が遠い昔に感じるほど今年のサッカー界も色々とあったが、 この大会が始まるともう終わりが近づいてきた事を実感する。
今年からは大会方式が少し変わり、去年まではJ2勢が三回戦から、J1勢が四回戦からだったものが、 すべて二回戦からの登場となった。
その恩恵と言っていいのかどうかわからないが、さっそく松本山雅FCが浦和に勝つなど数多くのジャイアントキリングがあり、大会を盛り上げている。 その分、ただでさえ過密日程のチームは更に厳しい日程となってしまい大変だが、 協会の言うことは絶対!なのでどうしようもない。
 
この日はナビスコカップ決勝に出場していた関係で順延になっていた2チームの試合が行われる。 今年になって土日がやたら忙しい私にとっては平日開催は大変有難いのだが、雨はちょっと堪える。
 
フロン太君もカッパを着ての登場。頭の部分がターバンみたいで、なんか中東っぽくなっている。
 
平日にもかかわらず富山サポーターも沢山詰め掛けている。 富山としては初めての対J1、相手の川崎はJ1首位とはいえ代表招集でGK川島と怪我で中村憲剛が抜け、 しかも雨となれば何があっても不思議ではない。
 
実際、試合は富山が先制されるも、前半終了間際に追いつき、一瞬もしや?・・・という思いになったが、 やっぱり地力が違う。
圧倒的に攻め込みながらも中々点を取ることが出来なかった川崎だったが、そ れでも慌てることなく試合を進め、終わってみれば順当勝ち。 危なげなく四回戦に駒を進めた。
 
 
ナビスコの件でどうなるかと思われた川崎だったが、どうやら前の千葉戦で完全に吹っ切った様だ。
この調子で、リーグ戦と共に天皇杯も盛り上げて貰いたい。


HOME

inserted by FC2 system