第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第90回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

一回戦 Y.S.C.Cvs鹿屋体育大学



秋津での第一試合終了後、一旦帰宅。
バイクでこの日二試合目の会場となる平塚競技場に向かう。
二年前、この会場で個人観戦歴では初となるジャイアントキリングを目の当たりにしたが、 今年はJFL入りを目指す神奈川県代表のY.S.C.Cと鹿児島県代表の大学生チーム・鹿屋体育大学の対戦。
両チームの事が解らないので、天皇杯ならではの楽しみ方が出来れば十分である。

 
Y.S.C.Cとしては勝ちあがり、同じ県内に籍を置くJ1川崎フロンターレと戦いたいという気持ちが選手&サポーターから 見て取れる。
鹿屋体育大学の応援団がおっちゃん一人で声を張り上げているのに対し、 Y.S.C.Cサポーターはそれなりに人数も揃い、その口々から「等々力」というキーワードが聞き取れる。
 
 
しかし、肝心の試合はその気合が空回り。 幾度と無く作り上げた決定機をあれだけ外してしまえば勝てる筈がない。
スコアほどの力の差は無いどころか、個々の力ではY.S.C.Cが上回っていただけに、 本当に勿体無い試合である。
逆に目の前の試合にしっかりと集中し、決定機を確実に決めた鹿屋体育大学は見事だった。
よかったね、おっちゃん!!

HOME
inserted by FC2 system