第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第95回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

決勝 浦和レッズ-ガンバ大阪




明けましておめでとうございます。

今年は正月元日の天皇杯決勝戦が戻ってきた。
去年は日程の都合から、12月上旬に行われた決勝戦だが、やっぱり天皇杯の決勝は1/1元日でなければならない。 天皇杯決勝で年明けを迎えるからこそ、その年一年気持ちを新たに迎えられるのだ。

ただ、国立競技場の建て替え工事により、舞台が変わってしまったので、あの風景はもう完全には取り戻せない。

【元日国立】

この4文字は、日本サッカー界に脈々と受け継がれる伝統の一つである。
新しい国立競技場が開業するまで、この言葉とも暫くお別れである。 一時的な事とは言え、この言葉を使えないのは、いちサッカーファンとしても寂しい。











試合はガンバ大阪の勝利。
これで、ガンバ大阪は去年に続いて、二連覇を達成した。
逆に浦和レッズは2007年以来、ペトロヴィッチ監督はJ初タイトルにまた一歩届かなかった。

ガンバ大阪に関わる全ての皆さま、優勝おめでとうございます。
HOME

inserted by FC2 system