第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第96回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

準々決勝 FC東京-川崎フロンターレ




今年も残すは今日を含めてあと3日。
一年の最後を締めくくるのは毎年恒例・天皇杯の準決勝である。

今年はベスト4のチームが全て関東のチームとなり、長居陸上競技場で横浜Fマリノス-鹿島アントラーズ、日産スタジアムで大宮アルディージャ-川崎フロンターレの一戦が行われる。
普段、日産スタジアムをホームスタジアムとする横浜Fマリノスが大阪で試合をして、大宮-川崎戦を日産スタジアムで行うというのも変な感じがするが、 これも天皇杯ならではの組み合わせである。
ただ、何処にでもうっかり者というのはいる様で、 スタジアムに向かう途中、横浜Fマリノスのユニフォームを着たカップルを見た時は「あぁ…」という言葉以外何一つ浮かばなかった。 本当にご愁傷様としか言いようがない。



感想を簡単に。

・この日の川崎は全体的に動きが重く、ミスも目立ち、予想と反して大宮が主導権を握る展開に。
ただ、大宮は何度か決定機を作るも決めきれず、逆に耐え忍んだ川崎がセットプレーから得点。 見事、クラブ史上初の決勝に駒を進めた。 しかしまぁ、今年最後の試合で、あんな見事なQBKを見るとは思わなかった。あれを外しちゃーそりゃ勝てんでしょ…。
・前回のリーグ戦の経緯もあり、選手紹介時は両チームともブーイングが乱れ飛ぶ展開に。ただ、来期川崎加入が噂される家長には川崎サポから拍手。 気持ちはわかるが、それはマナー違反じゃないかなぁー。
・前試合のFC東京戦に続いて、川崎のエウシーニョが本当に素晴らしかった。中村憲剛、小林悠、大久保の出来がイマイチな中、縦横無尽にピッチを走り回り、 攻守に関わっていた。間違いなく、この日のMOMは彼である。

以上。

苦しみながらも何とか決勝に駒を進めた川崎フロンターレ。
決勝の相手は、宿敵・鹿島アントラーズである。
一か月前、CS準決勝で敗れた相手であり、そのリベンジマッチとも呼ばれているが、鹿島はあの時とは別チームと呼べるぐらい成長を遂げている。 正直、今日の川崎の出来では全く勝てる気がしない。

それでも、クラブ創立20周年の締めくくりであり、風間監督体制&エース大久保嘉人最後の試合である。 何が何でも有終の美を飾り、クラブ念願の初タイトルを手にしてもらいたい。

私自身としても、7度目となる準優勝の習慣を迎えるのはもうコリゴリである。


HOME

inserted by FC2 system