第87回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



四回戦
横浜Fマリノス-佐川急便SC



準々決勝
愛媛FC-川崎フロンターレ



準決勝
川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ



決勝
鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島


第88回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
横浜FC-沖縄かりゆしFC



三回戦
湘南ベルマーレ-松本山雅FC



四回戦
東京ヴェルディ-サンフレッチェ広島



四回戦
川崎フロンターレ-モンテディオ山形



五回戦
大宮アルディージャ-名古屋グランパス



準決勝
横浜Fマリノス-ガンバ大阪



決勝
ガンバ大阪-柏レイソル


第89回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



三回戦
川崎フロンターレ-カターレ富山


第90回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



一回戦
琉球FC-徳山ヴォルティス・セカンド



一回戦
Y.S.C.C-鹿屋体育大学



準決勝
鹿島アントラーズ-FC東京


第95回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



決勝
浦和レッズ-ガンバ大阪


第96回 天皇杯
全日本サッカー選手権大会



準々決勝
FC東京-川崎フロンターレ



準決勝
大宮アルディージャ-川崎フロンターレ



決勝
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ



第96回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

準々決勝 FC東京-川崎フロンターレ




J1最終節から約6週間、天皇杯4回戦から約5週間、Jリーグチャンピオンシップから約三週間。随分と間隔が空いたが、天皇杯の準決勝を迎えた。
先週の日曜日に、レアル・マドリードと激闘を繰り広げた鹿島アントラーズ以外のチームは約5週間ぶりの公式戦。Jリーグ最終節後にはオフに突入しているチームもある中、 まだこの時期に引き続き試合をしているという事。サポーターにとってはありがたい限りだが、選手にとっては正直どうなのかなぁーと思う。

しかも、今年の準々決勝はクリスマスイブ。
恋人がいる人は勿論の事、家族がいる人にとっても中々理解が必要な日程である。
斯く言う私も、嫁を説得し、ランチとディナーを御馳走するという不平等条約締結の元、この日参戦する権利を獲得した。



感想を簡単に。

・川崎が前半2点リードで後半へ。今日は守備が比較的安定していたので、Jリーグ最終節の様な思いはしなくてもよさげな雰囲気だったが、 ロスタイムにセットプレーから平山に決められ一点差に。もう、そういうの、本当に勘弁してください…。
・何故、風間監督は最後のカードで中野を投入したのか?彼に直接の責任は無いが、投入から1分も経たずに失点してるし、 彼から“運気”を感じないんだよなぁー。正直、彼が出てくると、スタンドの空気が重くなるし、実際彼が出場している時間の失点率もかなり高いような気がする。 そもそも、どういう狙いがあって投入されているのか、全然わからないんだよね…。
・アルトゥール・マイアの事故の事もあってか、今日のエウシーニョの気迫は凄かった。若干、空回りしていた時間もあったが、誰よりも走っていたし、気合が入っていたように思う。
・逆に、FC東京はなんか中途半端な感じ。来シーズンに向けて積極的に補強しているが、確かに今日の試合を見る限り補強ポイントは間違っていないと思う。
・今日はクリスマスイブという事もあってか、一部ビールの売り子が「ミニスカサンタ」。こんなの卑怯だぞ、男なら絶対見ちゃうじゃないか!お陰で私は嫁に怒られたじゃないか!

以上。

これで、川崎は2007年以来の準決勝進出である。

準決勝の相手は大宮アルディージャ。
今年、2ndステージの戦いで、色々粗相をした相手である。まぁ、正直この一戦を落としたことが、年間一位になれなかった最大のポイントだったと私は思っている。
是非、その時のリベンジを果たし、元日吹田へ、初タイトルへ駒を進めてもらいたい。


HOME

inserted by FC2 system