はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -V-:老驥千里を思う
 3/15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.02.22 第一戦 HOME 水原三星ブルーウィングス戦

-T-:精神一到何事か成らざらん



2月22日。
待ちに待った川崎フロンターレの2017AFCチャンピオンズリーグが開幕する。
その第一戦はHOME・等々力陸上競技場で韓国・水原三星ブルーウイングスを迎え撃つ。

事前に予約していたユニフォームは、Jリーグ開幕直前に到着という事でちょっと期待していたが出発までには届かなかった。
正直、一日や二日ぐらい何とかならんのか!?と思う気持ちが無いわけではないが、来ないものは仕方がない。

さて、今シーズンの川崎フロンターレだが、前任の風間監督が退任し、前年までコーチを務めていた鬼木達が監督に就任。 選手もエースの大久保嘉人が移籍し、キャプテンも中村憲剛から小林悠へと受け継がれた。
クラブとして21年目、新しいサイクルに突入したと見ていいだろう。

その中で参戦する今回のAFCチャンピオンズリーグ。
手術で離脱中のエドゥアルドに加えて、直前にはエウシーニョの怪我による長期離脱も発表された。
エドゥアルドの離脱は一月の段階で分かっていたので仕方がないと諦める事が出来ていたが、正直エウシーニョの離脱は痛すぎる…。しかも、グループステージ中の復帰はほぼ不可能と言うのだから尚更である。 新しいチーム造りの最中である川崎としては、更に厳しい状況になったのは言うまでもない。



いつもはJR武蔵中原駅から歩いて行くのだが、今日はJR武蔵小杉駅で下車。グッズショップに立ち寄ってからスタジアムに向かう。
途中、もう少しでスタジアムという所で水原三星サポーターの軍団とたまたま遭遇。 列を成し、歌いながら狭い住宅街を練り歩いていた。近隣住民からすると昼間から迷惑極まりないと思うが、個人的には気持ちが昂るものがある。



一般開門時間の17時。メインスタンド入場口に並んでいるのは親子二人だけという寂しい状況の中、早々に入場。
久しぶりに見る等々力競技場は、芝が所々剥げ、あまり状態が良い様には見えなかった。



また、このAFCチャンピオンズリーグでは、いつもの川崎フロンターレ主催試合とは席割が若干異なっている。
今年のAFCチャンピオンズリーグから背もたれのない座席は使用不可というAFC規定の厳格運用により、 等々力陸上競技場はバックスタンド1階が全面的に使用できない可能性があったのだが、基準を満たすための工事に着手した姿勢が評価され、基準外の席も含めてバックスタンドの全面使用が認められた。
ただ、座席そのものが設置されていない両ゴール裏1Fスタンドの使用は認められず、アウェーチームの座席はバックスタンド端に確保されている。
その為、何時もはアウェーチームサポーターが占拠するゴール裏は、2F席のみ川崎フロンターレサポーターに開放されることとなった。

ただ、この結果一つの問題が発生した。

私が等々力陸上競技場で基本定位置としている観戦場所はアウェーチームに割り当てられてしまい、居場所を失ってしまったのだ。
と、いうわけで、今回は初めてメインスタンドの「ピッチサイドシート」を購入。全座席の中で一番ピッチに近い席という事で、迫力のあるプレーを楽しみたいと思う。



感想を簡単に。

・前半20分過ぎまでは良かったが、その後徐々にジリ貧に。特に後半はミスが多く、去年までのサッカーは何処へやら。非常に退屈な展開になってしまった。
・ただ、新チームとしての公式戦はこれが初戦。今後を悲観するような必要はまだまだ無い。 そもそも川崎フロンターレは新戦力の選手が馴染むまで時間がかかるといわれるサッカーをするチームである。 そういう意味では逆に、前線四人のコンビネーションが成熟し、家長や阿部ちゃんの個性が融合して来た時の伸びシロはかなりあるといえる。無理にチームに合わせるのではなく、四人で自由に楽しくやって欲しいね。
・ソンリョンは古巣との対戦という事もあってか気合が入ってて良かったね。
・個人的には阿部ちゃんのような選手は大好き。同じ奈良県民で実家も近く親近感もある。ただ、いくら何でもアレは決めて欲しい。
・エドゥアルド・ネットのパスミスの多さが目立つ。馴染めなかった加入当時にリセットされていないか? あと、舞行龍がボールを持つ事を嫌がっているように見えるのは気のせいか?
・ターサーカー!!!
・奈良ちゃん、復帰おめでとう!もっと時間がかかると思ってたよ。これで手薄のDF陣に希望が持てるよ。
・個人的にはエウシーニョが離脱した事よりも、車屋君の出来がイマイチな事よりも、今、武岡も離脱しているという事が一番ヤバいと思った。
・三好勝負しろ!去年みたいにガツガツ行けよ!ハイネルの方がチャレンジしてたぞ!全然合ってなかったけど。
・初めて体験した「ピッチサイドシート」。二列目という事で非常にピッチが近く、臨場感はかなりあった。 ただ、高さが全くない分、反対側での距離感が全く分からないし、ピッチ上は常にTVカメラマンが視界を遮る状況での観戦となる。 個人的にはもういいかなー。
・実際に着て動いている所を見たわけじゃないけど、やっぱりフロンターレは「青黒」だよ。パンツは「黒」だよ。 全身「青」には違和感しか感じないし、「Paint it Blue“等々力を青く染めよう!”」って言うコンセプトも解るけど、サポーターはパンツまで買う人はわずかだし、観戦時には着ないよ。 だから、今からでも遅くない。パンツは黒にしよう。

以上。



初戦は残念ながら引き分けに終わったが、まだまだ始まったばかりである。
落ち込む必要など全くない。
エースと期待された規格外のブラジル人がたった2試合で移籍したわけでもないし、その結果、監督が心労で倒れたわけでもないのだ。

次節はリーグ開幕戦を挟んで、香港でのアウェーゲームである。
私自身にとっても初のAFCチャンピオンズリーグ・アウェーゲーム。 香港という土地、スタジアム巡り&観光も含めて、行く前から非常にワクワクしている。
もう少し時間はかかるだろうが、次節では少しでも修正した試合が観戦出来る事に期待したいと思う。

チケット確保出来なかったんだけどね…。


2017.03.01 東方沙龍SC戦 -T-:「断じて行えば鬼神も之を避く」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system