はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3.15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -Ⅰ-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -Ⅰ-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -Ⅲ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -Ⅳ-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -Ⅴ-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -Ⅰ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -Ⅲ-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -Ⅰ-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ノックアウトステージ観戦記

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -Ⅰ-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -Ⅱ-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金
 5.24 -Ⅰ-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -Ⅱ-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -Ⅰ-:華胥の国の夢

 2017.03.01 第二戦 AWAY 東方沙龍SC戦

-Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-


香港駅から中環駅まで歩き、港島線に乗り換えて終点の柴湾駅を目指す。

まず最初に目指すは香港島の一番東にあるスタジアム「小西灣運動場」だ。
ここは日本にも縁のあるスタジアムで、横浜FCが運営していた横浜FC香港がホームスタジアムとして使用していた。

駅を降り、公園を抜け、少しずつ賑わいが無くなっていく道をひたすら海岸を目指して15分程歩くと、目的のスタジアムは姿を現した。
スタジアム内では何か催し物が行われているようで、スタンドも解放されていたので、紛れ込み勝手に見学させてもらう事にした。


●小西灣運動場



収容人数はスタンドの大きさとは裏腹に約11000席程度。ピッチをUの字に囲むスタンドには全て屋根が架かり、観戦環境は非常に良い。 また、スタジアムのすぐ横は海という最高のロケーションで、ヤシの木が並ぶ風光明媚な雰囲気と非常に馴染んでいる。
ただ、、陸上トラック部分のスペースが非常に広く、サッカーを見るにはお世辞にも良いスタジアムとは言えない。


一通りの見学を終え、次のスタジアムに向かう。

続いて向かったのは、香港最大のスタジアム「香港大球場」。

MTR銅鑼湾駅まで戻り、繁華街の喧騒を他所にひたすら歩を進める。少しずつ上り坂となっていく道を歩き、右手に見える天然芝のピッチに目を奪われながら15分程歩くと大きなスタンドが姿を現した。

ただ、門は完全に閉じられている。人はいる事はいるが、何らかしらの準備をしているらしく、残念ながら中を見学させてもらう事は出来なかった。

●香港大球場



香港を代表する球技専用スタジアム。
7人制ラグビーの世界大会・香港セブンズや ラグビーワールドカップセブンズの会場として有名で、サッカーでは香港代表や各種国際大会でも使用され、 日本代表もこのスタジアムで試合したことがある。
スタンドの形状自体は日本の博多の森球技場と非常に似ている感じがするが、こちらの方が規模は一回りも二回りも大きい。 また、天然芝、座席の色、周辺の緑の一体感がこのスタジアムにより格調の高い印象を与えている。
そのままの足で次のスタジアムに向かう。

次の目的地は跑馬地運動場。
厳密にいえば“スタジアム”と呼ぶには疑問の余地はあるが、競馬場のトラックの内部に天然芝・人工芝のピッチが複数並ぶ 奇妙な光景に興味をそそられていた。

香港大球場から10分程歩くと目的のハッピーバレー競馬場は直ぐに見つかった。まぁ、競馬場なんてバカでかい物を見つけられない方が無理がある。
ただ、トラック内部への入口がわからなかった。事前に調べたところによると、トンネルがあってそこを通ればたどり着けるらしいのだが、そのトンネルがわからない。地下駐車場への入口らしきものはあるが、トンネルらしきものは競馬場から少し離れた位置に一つしかなかった。
そのトンネルも、中に入るとホームレス同士が罵り、殴り合いの喧嘩を始めかけていた。恐らくここは違う。否、違ってほしい。だって、近づきたくないもん。
直ぐに引き返し、更に歩く事5分。競馬場を半周近くしたところで公園を発見。その中に、ようやく目的のトンネルを見つけることが出来た。

●跑馬地運動場


ハッピーバーレー競馬場/トラック内部にサッカー、ラグビー用の天然芝&人工芝のグランドが複数並び、 競馬が開催されない日は自由に立ち入ることが出来る。

競馬の観覧席とビルに囲まれた空間は独特の雰囲気を醸し出し、何とも言えない不思議な空間を形成している。
ちなみに、入口は違うが、香港FCのクラブグラウンドもこのトラック内に隣接している。

ぶらぶらと歩きながら見学を終え、そのまま道なりにトンネルを通って競馬場の外に出る。すると、その場所は私が勝手に地下駐車場への入口だと思っていた場所だった。 要するに、ここは車も人も一緒の入口だったのだ。
確かに、よく見ると隅っこの方に「内場席-Infield-」の看板がある。

こんなんワカらんよ…。

この時、何故か以上なまでに気落ちした。
正直、そこまで気落ちする事は無いのだが、私は必要以上に落ち込んでしまった。
前日仕事終わりにほぼ徹夜で来たせいもあり、緊張の糸が切れたのか一気に疲れを感じる。
持病の肩コリからくる片頭痛も酷くなってきた。
本当は、もう一つMTR銅鑼湾駅から海側にある灣仔運動場へ続けていく予定を組んでいたが、完全に気持ちが切れてしまった。

と、いうわけで本日のスタジアム巡礼はここで終了する。
今回の旅はスタジアム巡礼も目的の一つだが、最大の目的はあくまで「川崎F-東方沙龍SC」戦を観戦する事である。 しかも、通常の販売ルートとは違う手段でチケットも手に入れなければならないのだ。
その最大の目的遂行の為、気力、体力、時の運の全てを残しておかなければならないのだ。

と、いう訳で、少し早いが先にホテルにチェックインし、体を休めることにした。


2017.03.01 東方沙龍SC戦 -Ⅲ-:「忍の一字は衆妙の門」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system