はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -V-:老驥千里を思う
 3/15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.03.01 第二戦 AWAY 東方沙龍SC戦

-W-:九仞の功を一簣に欠く



感想を簡単に。

・試合は第一節に引き続き1-1のドロー。試合の大半を一人少ない10人の状態で戦ったという事を考えれば、よく追いついたし、よく踏ん張ったと思う。 また、前の試合から車屋以外の先発を全て入れ替え、結果が出なかったことで否定的な意見もあるが、私個人としては何の問題も感じない。ただ、出来ることならこのメンバーで勝利を掴み取ってほしかった。
・奈良ちゃんの退場&PKはまぁしょうがないかなー…。ただ、これがなければ一体どういう試合展開になったのか?というのは非常に興味がある。
・↑によって、前半は残ったメンバーで我慢する展開。後半、田坂投入で右サイドは完全に制圧。こういう修正をしっかり出来る点は安心できる。
・個人的に良かったのはハイネル。ACL初戦では空回りしていたように見えたけど、この日は積極的に仕掛け何度もチャンスを作っていた。今後に期待。
・板倉君。課題もあったけど、ナイスゴール。三好君はどうも今年は積極性に欠ける様に見える。とにかく、この二人には期待しているし、頑張ってほしい。
・舞行龍は現状ちょっと厳しいなぁー…。良い所が全く見えない。
・やっぱりアジアだなぁー、と思うのは審判の酷さ。特に、最後の場面。あの場所でファールを取って、プレーさせずに試合終了という判断はそりゃ東方沙龍SCは怒るよ。 ただ、その怒りまくる選手を押さえつける女性監督の強さに恐れ入った。
・日本代表や他のJリーグチームのユニフォームを着た人が沢山いたのでもっと中立的な雰囲気になるかと思いきや、序盤から会場は東方沙龍SCの応援一色。 特に東方沙龍SCが先制してからはそれが加速していき、圧力を感じながらも心地よい空気が流れていた。 確かに、「アウェー感」は全くと言っていいほど無かったので拍子抜けした部分もあるが、私は純粋に楽しかった。
・ニュースにもなっていたが、東方沙龍SCの女性監督が川崎Fサポーターに「かわいそうだから」とチケットを配ってくれた件。
私はその時にはすでに入場していたのでよくわからなかったが、本当にありがたい話だと思う。 実際、私もそのままあの場所にいればその恩恵を受ける事が出来たのだが、 こんな事はまずもってあり得ない事だし、予測することも不可能。なので、購入したことに後悔は全くなし。 改めて言うが、こんな事は当たり前では無いのだよ。

以上。
今後の事を考えると、この日の引き分けは非常に痛いがまぁ仕方ない。
まだ、グループリーグはまだ序盤。結果が出たわけではない。

そして、何より私自身にとって初めてのACL海外アウェー戦。
色々あったが本当に楽しかった。それが全てである。



選手が完全にピッチから姿を消すのを見届けてから、スタジアムを後にする。
途中少し休んだとはいえ、肩の痛み、片頭痛は完全には治ってはいない。心身ともに疲れ切っていた。

腹は減っていたがそのままホテルに帰り、ベットに横たわるとそのまま気を失うように寝てしまっていた。


2017.03.02 東方沙龍SC戦 -T-:「巡礼潮流-香港編 其ノ二-」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system