はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3/15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.03.02 第二戦 AWAY 東方沙龍SC戦

-Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-


3月2日。
香港二日目の朝。

昨日ホテルに着くなり爆睡し、目覚めたのは朝の9時。都合10時間の睡眠で、持病の肩こりも片頭痛もすっかり良くなった。

今日は帰国の日である。

昨日到着したばかりなので本当はもう少しゆっくりしていきたいのだが、今月は14~15日に中国・広州、21~25日でUAEにも行く。 普通の会社員が一か月に三回も海外に行くだけでもどうかと思うが、三回も行くとなると全然休みが足りない。なので、滞在日数を出来るだけ少なくしていくしかない。

今日の予定は日が沈むまでひたすらスタジアム巡礼、日が沈んでからちょっとだけ観光し、23:50発の飛行機で帰国の予定である。
勿論、訪問するスタジアム&訪れる順番はしっかりと予定を立てている。一分たりとも時間を無駄にする余裕はないのだ。

そうとなればゆっくりしている場合ではない。身支度を整えホテルを出発する。
MTR油麻地駅からまずは観塘線で樂富駅を目指す。ここから右周りで順次スタジアムを巡礼していく予定だった。
しかし、ここで痛恨のミスを犯す。

乗車する路線間違えた…。

あれだけしっかりと組んだ予定をまさか出だしでミスるとは…。

まぁ、戻ってもいいのだが、それも面倒くさいので 最初の目的地は深水埗運動場に変更。最寄り駅の荔枝角駅から線路沿いに5分ほど歩くとすぐに到着。場内では子供達が運動会のようなものをやっていたので、しれっと紛れ込ませてもらった。

●深水埗運動場



香港サッカーリーグのホームスタジアムの一つとして使用。 スタンドはメイン/バックスタンドしかなく、収容人数も2194人と少ない。
立派な屋根を持つメインスタンドのカラフルなベンチシートの色が目を引くが、座り心地は悪い。
続いて向かったのは葵涌運動場。
MRT荔枝角駅から3つ先のMRT葵芳駅で下車。地図で見る限り最寄り駅のMRT葵芳駅から近くに見えたが、実際はスタジアムの前に大きな幹線道路があり、歩道橋を利用しなければたどり着くことは出来ない。 しかも、メインスタンドはこの幹線道路とは逆側の位置にあり、スタジアムに入るにはグルッと回り込む必要がある。 それゆえ、当初予定していたよりもかなり時間がかかってしまった。
そして、ここでも子供たちが運動会のようなものをしていたので、また紛れ込ませてもらった。

●葵涌運動場



周辺の高層ビルとの対比が印象的なスタジアム。
スタンドは大きな屋根が付いたメインスタンドのみで収容人数は1500人程度。
中央部には座席も設置されているが、両サイドは石段そのままである。
続いて、向かったのは城門谷運動場。
MRT葵芳駅から二駅先のMRT大窩口駅で下車。山道を15分程歩き、軽く息が切れかけた頃に到着した。
そしてここでも、子供たちの運動会が行われていた。もしかして香港全土で行われているのかな? 個人的にはスタジアム内にスムーズに紛れ込むことが出来るので、面倒な手間が省けて非常にありがたい。

●城門谷運動場



山の中、緑に囲まれたスタジアム。
収容人数は5000人と、香港では比較的大きな部類に入る。
屋根付きの立派なメイン/バックスタンドは傾斜も十分で、全席折り畳み式の個別席と観戦環境は非常に良い。
両ゴール裏にはスタンドはないが、立派な大型映像装置も設置されている。
このままの足で次のスタジアムに向かう。

次に向かうのは和宜合道運動場。歩いてきた山道をそのまま突き進み、ぐるっと回った反対側に位置する。

一度、MRT大窩口駅に戻っても同じぐらいの距離なので戻ることも考えたが、せっかくなら一度歩いた道よりもまだ見ぬ未知の道を歩いてみたい。

まぁ、思っていたよりも山道がキツく、その後の下り坂がもっとキツかったので後々後悔することになったのだが…。

●和宜合道運動場



坂道の途中にある、ネットで囲まれた同スタジアム。
スタンドと呼べるものはメイン側のみで、一応しっかりと屋根もついているが、必然的に柱が視界に入るのは少々煩わしい。
ただ、スタジアム自体は非常にコンパクトで無駄は最小限に抑えられ、下部リーグを開催するには十分な環境は整っている。
あぁ、ここで観戦したいなぁ…と素直に感じるスタジアムである。
見学を終え、坂道を下り、真っすぐ進むとMRT葵興駅に到着した。

時間は13:00。

朝から歩き続けて3時間、徐々に疲れも溜まり、足に痛みも感じ始めている。
昼食も取っていないが、今日の私は時間勝負。太陽が沈むまでに廻りたいスタジアムはまだまだある。

と、いうわけで、このまま次の目的地・青衣運動場を目指すことにした。


2017.03.02 東方沙龍SC戦 -Ⅰ-:「巡礼潮流-香港編 其ノⅢ-」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system