はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3.15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -Ⅰ-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -Ⅰ-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -Ⅲ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -Ⅳ-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -Ⅴ-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -Ⅰ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -Ⅲ-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -Ⅰ-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ノックアウトステージ観戦記

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -Ⅰ-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -Ⅱ-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金
 5.24 -Ⅰ-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -Ⅱ-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -Ⅰ-:華胥の国の夢

 2017.03.02 第二戦 AWAY 東方沙龍SC戦

-Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-


MTR葵芳駅からMRT茘景駅まで戻り、東涌線に乗り換える。
次の目的地・青衣運動場の最寄り駅MRT青衣駅はここから一駅だ。
スタジアムは電車の中からも見える程近く、否が応でもテンションは上がる。
スタジアム内ではまたもや子供達の運動会が行われていた。一体何のイベントなんだろう?

●青衣運動場



海岸に隣接するような形で立つスタジアム。
香港サッカーリーグでもホームスタジアムとして使用されている。
スタンドは屋根付きのメインスタンドのみで、収容人数は1500人ほど。 中央部には座席も設置されているが、両サイドは太めのアルミパイプのみとなる。
バックスタンド側の後ろはすぐ海で、潮風を感じながら海越しに広がる街並みの景観を眺めることが出来る。
続いて向かうのは元朗大球場。

香港中央部からは少し離れた位置にあることから行こうかどうか迷っていたが、比較的近くまで来たので行くことにした。

MRT南晶駅で西鉄線に乗り換え、乗車すること20分。ようやく最寄り駅のMRT朗屏駅に到着した。

ちなみに、MRT朗屏駅の一つ前の駅にスタジアムと同じ名前の付いたMRT元朗駅というのもあり、ここから軽鉄に乗り換え豊年路駅で降りればすぐに着く。

ただ、MRT朗屏駅からも1㎞程しか離れておらず、徒歩の方が時間が読みやすいことからこちらから向かうことにした。

●元朗大球場



4983人収容、1968年に設立された歴史あるスタジアム。
香港サッカーリーグでもホームスタジアムとして使用されている。
立派なメインスタンドは屋根付きだが、所々ある支柱が視界に入るの少々鬱陶しい。 逆にバックスタンドは屋根がなく、昼間は太陽が逆光の位置になる。
メイン/バックスタンド共にブロック毎に座席が塗り分けられているのも特徴的。
時間は15:30。
太陽が少しずつ位置を下げてきた。

次の目的地は湾仔運動場。本当は昨日行く予定だったが、体調悪化であきらめたスタジアムである。

MRT南晶駅まで戻り、東涌線に乗り換え終点のMRT香港駅へ。そこから更に地下通路を通ってMRT中環駅に向かいようやく最寄り駅のMRT灣仔駅にたどり着いた。
スタジアムはそのまま海岸線に向かって歩いていくだけだったのだが、途中工事で分断された道が多く、必要以上に遠回りを強いられた。
しかもスタジアムは難く門が閉ざされ、人の気配も感じない。
一応、スタジアムの周りを一周してみたが、やはりダメそうだった。
ここまで順調に見学してこれただけに、非常に残念である。



太陽がさらに位置を下げ、その光に強さが無くなってきた。

時間は16:25。

電車の移動で思っていたよりもかなり時間を費やしてしまった。
と、言うわけで、次のスタジアムを今回の旅の最後にしたいと思う。

最後に訪れるスタジアムは将軍澳運動場。

MRT北角駅で将軍澳線に乗り換え、MRT坑口駅まで向かう。
MRT坑口駅は出口付近からすぐにのんびりとした閑静な公園が広がり、その脇を通って5分程歩くとスタジアムに到着した。

ただ、ここも門は閉ざされている。
周辺を歩き、正面玄関から中に入ると関係者らしきオッちゃんがいたので見学の許可を取ろうとしたが、簡単に断られてしまった。

ただ、こんな事で私は簡単には諦めない。

とりあえず粘るだけ粘り、競技場内に入る前に置かれた柵の位置からという条件で見学させて貰える事が出来た。

●将軍澳運動場



2009年に開催された東アジア大会の為に建設された同スタジアム。
香港サッカーリーグでもホームスタジアムとしても使用されている。
建設から月日があまり経過していないことから、香港の他のスタジアムに比べると近代的な造りで、スタジアム内は艶やかに彩られている。
収容人数は常設のメインスタンドのみで3500人。ただ、必要に応じて増設される仮設スタンドを合わせれば、最大5000人まで収容可能である。
オッちゃんに礼を言い、スタジアムを後にする。

昼飯も食わず、ほぼ休憩なしで廻ったお陰で、計8か所のスタジアムを見学する事が出来た。
非常に満足である。

スタジアム巡礼はこれで終わりとするが、飛行機の時間までにはまだ時間はある。

と、いうことで、せっかく香港まで来たので、残りの時間を使って少しばかり観光をして帰ることにした。


2017.03.02 東方沙龍SC戦 -Ⅲ-:「ミヤコワスレの花言葉」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system