はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -V-:老驥千里を思う
 3/15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.03.02 第二戦 AWAY 東方沙龍SC戦

-V-:ミヤコワスレの花言葉



観光をする為、中心部・中環まで戻ってきた。

とりあえず「香港100万ドルの夜景」と「ナイトマーケット」は行く事は決めていたが、それ以外は何一つ予定がなかった。 と、いうか、特に行きたいところがなかったのだ。

なので、時間もあるので少しブラブラする。



ただ、やっぱり目的もなくブラブラしていても正直面白くない。

と、いうわけで、MRT佐敦駅まで行き、ナイトマーケットを見学することにした。



細い路地の両脇にびっしりと露店が並ぶ男人街。
ここには雑貨から電気製品、ゲーム、衣類、バック、アクセサリー、アダルトグッズに「こんなもんどーするんだよ…」と思うようなトンでもチープ商品までありとあらゆるものが所狭しと並んでいる。 こういうちょっとディープな雰囲気は、私のように買い物を一切する気がない人間でも香港らしさが感じ取れるので中々楽しい。



ナイトマーケットをそのまま突き抜け、夜景を見るために九龍公園の脇を通って尖沙咀プロムナードを目指す。

途中、九龍公園で何かイベントをやっているようだったので寄ってみたが、正直全く何をしているのかワカラナイ。 宇宙人でも召喚する気なのだろうか…?



そして、20分程歩くと尖沙咀プロムナードに到着した。

私は自他共に認めるロマンチックとはかけ離れた人間で、夜景なんてものに今まで特に感動を覚えたことは無かったが、 初めて見る香港の夜景は少し身震いをするぐらい感動した。
本当に美しいものだった。

そして、何よりも楽しみなのは毎晩20時になると「シンフォニー・オブ・ライツ」というギネス認定の光と音の野外ショーが開催される。 この素晴らしい夜景が更に華やかに彩られるとなると、興味は尽きない。
なので、ゆっくりと観賞するため少し早めに来てベンチを確保した。

そして待つこと50分。
金髪の美女とアジアンビューティーに挟まれるという最高の環境を手に入れた一人ぼっちの私は、幸せを感じながらショーの開演を迎えた。

・・・

・・・・

ショぼっ!!

何じゃこりゃ!?
期待が高かっただけに、そのあまりの見すぼらしさに愕然とした…。
正直、寒い中何十分も待って見る価値など全くない。
ほらっ!あまりのショボさに両隣の美女達の表情も曇りがちじゃないか! どうすんだよ!この空気。まるで私がショボいみたいじゃないか!!めちゃくちゃ気まずいぞ!

私は私の周辺だけでなく、プロムナード全体から漂う微妙な空気に背を向け、その場から逃げるように立ち去った。



一応の目的は果たしたので、帰国の途に就くため空港に向かう。

今回の旅はたった二日間だったが、試合も観戦できたし、スタジアムも数多く訪問できたので非常に充実していた。

ただ、香港には12日後にまた訪れる。
今度は中国・広州に向かう為、行き返り共に今回と同じ便を利用するのだ。

と、いうわけで、香港とはしばしの別れとなる。


2017.03.14 広州恒大戦 準備編:「先は野となれ山となれ」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system