はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -V-:老驥千里を思う
 3/15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.03.14 第三戦 AWAY 広州恒大戦

準備編:先は野となれ山となれ


川崎フロンターレの第三戦は中国の雄・広州恒大とのアウェー戦。
この一戦を観戦するための準備は中々骨が折れた。

川崎フロンターレのACLの組み分けが決定したのが1月1日。その日の内から私は早速現地観戦に向けて動き出した。

まずは3月1日香港での往復飛行機、宿を押さえる。
これは私が今住んでいる所、職場からも近い羽田空港からの直行便が出ていたので、比較的希望通りの時間でスムーズに予約できた。 値段も約23,000円とかなりお手頃である。

そして、次に3月14日中国・広州での観戦に向けて動き出す。

これが中々頭を使う作業だった。

まず、前提条件として、私は二日以上の休みは取れない。
何故なら、3月は元々決まっていた21-25日のUAE遠征に、1-2日の香港遠征も決まった。 更にもう一回、月に三度の海外遠征となると休みが全然足りない。有休を使うにしても、流石の私でも気を遣う。
そしてもう一つ、出来るだけ節約したい。
月に三度海外に行くとなると流石に出費もそれなりになる。そして、更に今後勝ち抜いていくことも考えると、正直費用はいくら必要になるかも不透明である。 なので、押さえられるところは出来る限り押さえておきたい。

以上2つの条件を考慮した上で、まずは「移動手段」を探す。
まず、中国・広州への直行便は成田空港からのみで、羽田空港からは出ていない。しかも、価格は最低80,000円。試合の時間を考慮し、該当するものに絞ると100,000円近くなる。 羽田空港からの乗り換えだと値段は50,000〜60,000円位と一気にお手頃になるが、最低でも片道10時間以上かかる。

 ダメだこりゃ…。

と、なると次の手段。他の都市に入港して移動する”である。
早速、地図を見て近隣に航空券代が安そうな都市を探す。と、その瞬間、すぐにある都市が目に入った。

 『香港』!

まさか、広州と香港がこんなに近いと思わなかった…。
無知とは罪なり、とはよく言ったものである。

早速、香港から広州への移動手段を調べる。
すると、列車、バス、フェリー等様々な手段があるではないか。しかも、どれもそれほど高くない。
そうとなれば答えは一つ、「羽田⇔香港」の航空券を抑え、陸路で移動という手段を今回は採用する。

幸い、3月1-2日香港に行く時に利用する同じ時間の便で十分試合は観戦できそうだった。
と、いうわけで、早速予約。香港エキスプレスで往復約22,000円。一気に安くなった。
香港についてからは、空港からバスで広州に向かうことに決定。
渋滞などのリスクはあるが、価格がHK$250とべらぼうに安く、しかも乗り換え&レギュレーションの手間が殆どない。
これで移動手段は決まった。

-----------------------------------------------

次に決めるのは「宿泊場所」である。

これも今回は頭を悩ますポイントである。
と、いうのも、中国国内でのACL観戦はここ最近、個人でのスタジアム来訪&観戦が認められていなかった。
地元公安当局等からの指示により、日本人は広州在住者も含めて全て、指定されたホテルに集合し、集団でバスで移動して専用エリアに入場するという手段以外の観戦は認められていなかった。
そうなると、宿泊場所は出来る限りこの「指定されたホテル」に近い場所にしたかった。
何故なら、今回、試合後のホテルへのチェックインは時間的にかなり厳しい。なので試合前に絶対に済ましておく必要があった。

しかし、私は移動の面でリスクを背負っている。

時間的には余裕があるのだが、もし遅れたりするとホテルにチェックインする時間が取れないかもしれない。 心配しすぎだろ!と思うかもしれないが、計画は悲観的に、行動は楽観的にというのが私のモットーである。
と、いうわけで、過去広州恒大と対戦したJリーグチームを参考に集合場所の狙いをつけるが、これもいまいち特定できない。 ただ、色々と考えると、私の中である閃きがあった。

川崎フロンターレ公式観戦ツアーの宿泊場所が集合場所じゃね?

多分そうだ、そうに違いない。
と、いうわけで公式ツアー宿泊場所近くのホテルをとりあえず予約。一応、念の為、宿泊前日までキャンセル無料の所を押さえた。

-----------------------------------------------

そして、最後は「チケット」である。

香港での試合は本当にこれで苦労した。あの反省は生かさなければならない。
しかも、今回はチケット付きバスツアーに申し込めなければ観戦することは出来ない。

情報が流れないまま、時だけが流れ、気が付けば香港から帰国してから最初の月曜日。
川崎フロンターレの公式サイトの「お知らせ」は毎週月曜日17-18:00位に大体更新される。 恐らくこの日、絶対にバスツアーの情報が出るはずだった。

と、いうわけで、17:00前から仕事そっちのけで公式サイトに張り付く。そして何度も何度も更新をかけるが一向に更新される様子がない。

時間は18:30を超えた。

公式サイトは未だに更新されない。
業を煮やした私は、一度ダメ元で多分バスツアーを遂行するであろう西鉄旅行のサイトを覗いてみた。

あった!

ビックリするぐらい普通にあったのでかなり驚いた。
しかも、よく見れば前日の日曜日から募集しているではないか…。

何か腑に落ちないが、兎にも角にも今する事はただ一つ。さっさと申し込みをする事である。

WEB申し込み、振込を終え、FAXでの申し込み用紙を送信し、申し込みは完全完了。

そして、最後に。
今回のバスツアーの集合場所は当初予想していた場所とは全然違っていた。
私の閃きは大外れだったわけである。
まぁ、集合場所のホテルからそんなに遠くないのでそのままでも良いのだが、広州へ移動するバスの停車場所とツアーの集合場所がかなり近いので、ホテルも近い場所に移した方がかなり楽になる事がわかった。
そういうことで、当初のホテルは速攻でキャンセル&新たにホテルを取り直す。

新しく予約したホテルは「東方賓館」

面倒くさいので、集合場所のホテルをそのまま予約したったwww

これで先ず集合前にホテルのチェックインが出来ないという事はないだろう。まぁ、ちょっと高かったけどね…。

と、いう事で、チケットも無事入手出来たし、時間のリスクも最小限に押さえる事が出来た。
後は当日、予期せぬ事態に巻き込まれないように祈るだけである。


2017.03.14 広州恒大戦 -T-:「惚れて通えば千里も一里」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system