はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -V-:老驥千里を思う
 3/15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.03.14 第三戦 AWAY 広州恒大戦

-U-:虎口を逃れて竜穴に入る



現地時間17:20。
観戦ツアーの集合時間まであと10分となったところで部屋を出る。
2時間近く体を休めることが出来たので、思ったより体調も回復した。
ちょっと高かったが、宿泊先を集合場所と一緒にしておいてよかったと思う。

1Fのロビーに降りると、フロンターレのサポーターがもう既に何人か集まっていた。
受付で名前を告げ、チケットを貰うと、もうバスは来ているので乗って待っていていいと告げられる。 まぁ、ここまで来たら特にする事もないので、素直にその言葉に従い、バスで待つことにした。

今回の現地集合観戦ツアーはバス二台。そしてこれとは別に、日本からの宿泊付き観戦ツアーに参加している人用のマイクロバスが二台、計四台でスタジアムに向かう。
とはいっても、私の乗車した二号車は1/3以上が空席で、他のバスも満席というわけではない。実際に参加している人数はそれ程多くなさそうだった。
香港の時は恐らく300人近くのサポーターが来ていたと思うので、それから比べるとかなり減った印象がある。
まぁ、理由はなんとなくわかるが、平日に中国で、しかも色々な制約があるとなればそれも致し方ない気もする。



現地時間18:00。
バスはほぼ定刻通りにホテルを出発した。

スタジアムまでは道路の混雑状況にもよるが約30分程らしく、添乗員やJリーグ関係者の方からの注意事項が説明を受ける。
特に持込み物に関しては、飲食関係は全て駄目。後はそれ程Jリーグと変わりなく、バイルバッテリーの持ち込みが出来ないという事位だった。



バスは若干の渋滞に巻き込まれながらもほぼ予定通りの時間でスタジアムに到着。
正面ゲートから敷地内に進み、私たちが入場する16番ゲートに横付けされ、しばらくバスの中で待機するように言われる。
バスの周り、16番ゲート付近は既に公安の人間に囲まれおり、私たちが到着するや否や刺股を持った部隊も登場。 完全に犯罪者を輸送するような厳戒態勢が引かれていた。



数分後、ようやくバスから降りる事が許可され、そのまま入場ゲートに並ぶ。
事前に通告されていたパスポートによる身元確認は無くなった様で、 最初にチケットの確認を行い、そのまま手荷物検査、そして階段を上り、金属探知機のゲートをくぐる。
見た目の物々しさとは反対にCK事態は非常に緩いもので、Jリーグとほとんど変わりない。 持ち物検査、ボディーCKだけならヨーロッパのスタジアムの方が遥かに厳しいと思う。
と、いうわけで、予想していたよりもあっさり入場することが出来た。



ゲートで再度チケットCKを受け、スタンドに出る。
試合開始1時間前位だがスタンドに描かれた模様がハッキリと人気出来る程、空席が目立っていた。
ただ、このまま空席だらけの状態で試合が開始されるとは思えない。 恐らく、広州のサポーターもヨーロッパの様に試合開始前に入場するのだろう。

また、今回のチケットは一応指定席だったので私は自分の席で見ていたが、 50人位しかいないので自然となし崩しに。まぁスペースも席も充分に余り倒しているので特に問題はないだろう。

●天河体育中心体育場



1984年開場の多目的スタジアムで、収容人数はサッカー開催時は58500人。
中国サッカーリーグ/広州恒大のホームスタジアムとして使用されている他、第一回FIFA女子ワールドカップ決勝戦も開催された。
また、2010年広州アジア大会でもサッカーの決勝戦が男女ともにこのスタジアムで開催され、日本代表初のアベック優勝を果たしている。


そんな中、私たちのブロックだけは公安の人間が隙間なく取り囲まれていた。 こんなに必要なのか?と思うぐらい、ウジャウジャいる。
多分私たちは全員で50人位なので、絶対に公安の人間の方が多いだろう。
とりあえず数で威嚇するというのが何とも中国らしい所である。

ただ、私がそういう人間だという事を差し引いても、そんなに威圧感や緊張感は感じない。 常にこちらをCKしているバレバレの私服公安職員を除けば、こちらを監視している様子もなく、 ただ、そこに居るだけ、柵の代わりをしているだけの様な感じである。
恐らく、全員が全員公安の人間という事ではなく、バイトもかなり混じっているのではないかと思う。



そして、コンコースにも溢れる公安の方々…。
スタジアムの外を見れば、こちらにも石を投げれば誰かには当たりそうな密度で蠢いている。
ただ、こちらは休憩中なのか、煙草をふかしたり、携帯でゲームをしたりと非常に緩い雰囲気で過ごしている。
中国の公安というと「血も涙もない人の皮をかぶった鬼」というイメージが私にはあったが、こういう人らしい一面を見るとホッとする。



選手が出てくるまであと少し。
喉が渇いたので売店に向かう。
本当はお腹も減っていたが、売店で販売されているのは
・水
・ウーロン茶
・コーラ
の三種類のみ。勿論、氷など入っていない。
まぁ、逆にどんな水を使っているかわからないので、入ってない方が安心とも考えられるが…。

とりあえずこの限られた選択肢の中からコーラを買ってみたが、これが味、甘み、炭酸というコーラの美味さを決める三大要素の全てが非常に薄い。 まぁ、これもアウェーの洗礼として受け止めるしかないのだろう。

と、まぁ普段のスタジアムとは一味も二味も違う時間を過ごしていたが、気が付くと広州恒大のGKがウォーミングUPの為に姿を現していた。


2017.03.14 広州恒大戦 -V-:「老驥千里を思う」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system