はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -V-:老驥千里を思う
 3.15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -T-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -T-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -U-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -V-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -W-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -X-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -T-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -U-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -V-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -T-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ノックアウトステージ観戦記

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -T-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -U-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -V-:泰宵一刻直千金
 5.24 -T-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -U-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -T-:華胥の国の夢

 2017.03.14 第三戦 AWAY 広州恒大戦

-V-:老驥千里を思う



感想を簡単に。


・前半かなり押し込まれたが、後半は広州恒大の足が止まったことで川崎が押し込む展開に。 対戦相手にとっては、中村憲剛に自由に前を向かせるとダメだよ、というお手本の方な後半だったと思う。
しかし、何度かあった決定機を決められず、結果的にはロスタイムで得たPKで追いつき試合終了。
またも1-1。これでACLは三試合連続で1-1。去年の終盤あたりから一部の試合を除き、中々流れの中で得点が取れなくなっているなぁー。
・現地で観戦していた時は逆サイドだったこともあり、私を含めて周りも何故PKになったのかよくわからなかったけど、改めて映像を見ると完全にハンドですね、ありがとうございました。 ここまで酷いハンドは久しぶりに見たよ。バレーボールでもダブル”で反則だね。
そして、これだけ豪快にハンドしておいて大勢で抗議する広州恒大の選手の厚かましさに、ある意味尊敬の念を抱いた。
・広州恒大ってもっと強いイメージがあったけど、こんなもんなのか? 思っていたよりも全然強いという印象を持てなかった。 外国人選手だけが攻めて、残りの中国人で守る。こんなんで数年後に中国人だけのチームなんて出来るのか?
・ただ、先制点の起点となったロングフィールド→中に入れる→シュートの流れは素晴らしかった。 あっという間の出来事で、点を取られたことも暫く気づかなかったよ。
・川崎にとって何よりも痛いのが、またDF陣に負傷者が出たという事。もう何人目だよ…。
・個人的には鬼木監督が思っていたよりも打つ手が早いことに驚いている。 この日も上手くいっていないと見るや、前半34分には板倉→森本に交代と直ぐに修正してきた。 結果的にはこの交代でチームは安定したと思う。
・鄭成龍はこの日もビッグセーブで何度もチームの危機を救っていた。本当に頼もしい。
ただ、一度だけゴールキックを相手最前線ドフリーFWにプレゼントパス。結果、自分で防いだものの、本当に危なかったよ。
・広州恒大のサポーター。私の印象では思っていい便りもサッカーを見る目が成熟しているように感じた。
我々に対して集団で敵意を剥き出しにする事も、意味が解らなくてもいい言葉をコールされる事も特になく、 試合前に我々が太鼓を少し叩くとブーイングするぐらい。
まぁ、広州恒大が点を取った時はこちら側に中指を突き立て罵倒している奴も何人かはいたが、 それでも想像していたより遥かに少なかった。
個人的には究極のアウェーゲームに行く”覚悟をして来たので、若干拍子抜けである
・我々を取り囲む公安の方々。最初は我々を監視する為にいるのかと思ったがそれだけではないようだ。 彼らが我々を取り囲んでいるから広州恒大のサポーターは安心して威嚇&罵倒が出来るという面もあるように思う。
・その公安の方々、試合中よっぽど暇なのか、スマホゲームに勤しんでいましたね。ゲームは楽しいですか?
でもね、ピッチを見てごらん。目の前のゲームもかなり面白いよ。

以上。
アウェー・中国、しかもグループ最難敵と言われる広州恒大相手に勝ち点1は全く悪くない、上出来である。

しかし、後半の内容を見ると川崎にとっては間違いなく勝てる試合だった。
それは試合後の選手の表情を見れば一目瞭然だろう。
それゆえ、内容的には白熱した好試合であり、結果だけ見れば上出来なのだが、何かモヤモヤが残る。
そんな試合だった。



試合終了と同時に広州恒大サポーターは次々に席を立つ。
一部のコアサポーターを除き、終了から5分も立たないうちにスタンドはガラガラになっていた。
私もさっさと帰りたかったが、今日に限ってはそうはいかない。
スタンドの出入り口はシャッターで封鎖され、周りを公安の職員が取り囲んでいるのだ。

まぁ、はっきり言ってしまえば『監禁』である。

文句の一つでも言いたくなるが、言ったところで何も変わらないし、そもそも聞く耳すら持たないだろう。
我々にできることは広州恒大のサポーターが一人残さず居なくなるまでひたすら待つのみである。



数十分後、ようやくシャッターが開き、我々はスタンドから出ることを許された。
スタンドからコンコースに出てると、公安の職員が約50人位で隊列を組み、 その隊列で我々の乗ってきたバスを取り囲んでいた。

なんだかなぁ…。

恐らく、こういうのを見せて「どうだー!凄いだろー!ビビったか!?タジろいたか!?」と言いたいだけの様が気がしてきた。 私も最初に来た頃は「ヒェ〜…」と少しビビったがが、いい加減慣れてしまった。
と、いうわけで、背景としては中々壮観なので、記念撮影だけさせて頂き、サッサとバスに乗り込んだ。



バスはスタジアムを出発して20分程でホテルに到着した。
行きに比べると帰りは随分早かったような気がする。

行き帰り共にバス、しかも入場ゲートに横付けという事で、移動の面ではかなり楽なのだが、 やっぱり面白みには欠ける。 生き帰りの行程を含めてスタジアムでの観戦”なのだ。

時間は現地時間22;50。
とにかく、本日の予定は終了した。

明日に備え、ゆっくりと体を休めることにした。


2017.03.15 広州恒大戦 -T-:「巡礼潮流‐広州編‐」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system