はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3/15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦戦


 2017.03.15 第三戦 AWAY 広州恒大戦

-Ⅰ-:巡礼潮流‐広州編‐



中国滞在二日目。
今回の遠征も前回の香港と同じく一泊二日である。

と、言う訳で本日の予定は、香港に戻りつつその隙間でスタジアム巡礼。香港に戻ってからは少しばかり観光をして、23:50の飛行機で帰国する。

朝、早めに目が覚めたので気分転換を兼ねてホテル周辺を散歩する。
すると、ホテルの入口で見覚えのある顔を多数見かけた。 どうやら川崎フロンターレの選手もこのホテルに宿泊していたらしい。 週末土曜日にはFC東京とのリーグ戦「多摩川クラシコ」が控えているという事もあり、サッサと帰国するのだろう。

ACLに参加していると、どうしても日程は厳しくなる。
特に今年のシーズン序盤の浦和は

土曜日:横浜→火曜日:オーストラリア・キャンベル→土曜日:横浜→火曜日:埼玉

と、本当に酷かった。
以前に比べるとJリーグ側も考慮しているとは感じるがが、それでも『アジア制覇』を言明するのならリーグ戦の日程はもっと明確な優遇処置と〝人参”があっても然るべきだと思う。



現地時間9:30。
身支度を整えてホテルを後にし、まずは最初の目的地・越秀山体育館を目指す。
スタジアムはホテルから5分程の越秀山公園内にあり、広大な敷地には朝から多くの人が詰めかけ、散歩する人、太極拳で汗を流す人など様々な人が見て取れた。


●越秀山体育場



1950年開業、収容人数は30000人。
中国サッカーリーグ・広州富力がホームスタジアムとして使用するサッカー専用スタジアム。
広州恒大の天河体育中心体育場が街のど真ん中にあることに対し、こちらはスタジアムの名称にもなっている越秀山公園内という非常に広大で長閑な場所にある。
何度か改修&修繕工事を行っているが、スタジアムの根本は大きく変わっていない。


スタジアムの全景を見ることは出来たが、折角なので正面ゲートに向かう。 正面ゲートは越秀山公園内にはく、公園を出てぐるっと回った所に設けられている。



幸いにも門が開いていたのでそのまま中に入る。 係員のおじさんに見学してもいいか尋ねるとOKが出た。ただし、改修工事中の為、入口付近までならと事だった。



続いての目的地は天河体育中心体育場。
昨日、試合観戦で訪れたが、かなり限定された区域しか動けなかったので、改めて訪れることにした。




スタジアムの外観は典型的な陸上競技場といった感じで、画一的で何の面白みもない。
いっぱいお金を持っているんだから、ソフトだけでなくハード面もしっかりと強化してもらいたいものである。

中から歓声の様なものが漏れていたので「お、スタジアム内も見学できるかも♪」と期待したが、 コンコースで社交ダンスに勤しむ人ばかりで、門はどれも固く閉ざされ何に入ることは出来なかった。



広州でのスタジアム巡礼はこれにて終了。

途中、せっかく広州まで来たのだから美味しいものでも食べていこうかとも思ったが、 しっかりとしたレストランはどこも量が多いので、一人だと中々辛いものがある。

結局、ガード下の屋台のような所で、何やらよくわからないご飯ものを15元で食べる。
スープが薄いのが少し気になったが、安くて量も多いし、まぁまぁ旨いので十分満足。ただ、これ、一体何の肉なんだ??

と、いうわけで、お腹も膨れたので次の目的地・深圳へ電車で移動する為、広州東駅に向かった。。


2017.03.15 広州恒大戦 -Ⅱ-:「ならぬ堪忍するが堪忍」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system