はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3.15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -Ⅰ-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -Ⅰ-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -Ⅲ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -Ⅳ-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -Ⅴ-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -Ⅰ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -Ⅲ-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -Ⅰ-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ノックアウトステージ観戦記

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -Ⅰ-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -Ⅱ-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金
 5.24 -Ⅰ-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -Ⅱ-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -Ⅰ-:華胥の国の夢

 2017.03.15 第三戦 AWAY 広州恒大戦

-Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍



現地時間12:00過ぎ、目的地の広州東駅に到着した。
ここから列車で深圳まで行き、国境を越え、MTRで香港中心部に移動する。



まずは切符の購入。
専用の窓口でパスポートを提示し、希望の時間と枚数、席種を伝える。 一等、二等、自由席の金額差がそれ程内にも関わらず、グレードは全然違うという話を聞いていたので迷わず一等を選択。
少し時間はあるが、13:05発の列車の切符を抑えることが出来た。



切符も購入し、することもないので、手荷物検査を受け、改札を抜けて待合室で待つ。
中国の列車が全てこうなのかどうかはわからないが、この広深線は15分前までホームに入ることが許されず、5分前で入場を締め切るというものだった。 それまでのゲートが開くまでの時間はこの待合スペースで待つらしい。
それゆえ、ゲートが開く少し前から人が集まり、ゲートが開いた瞬間に我先にと一気に雪崩れ込む。
自由と規律はないが管理と制限だけはしっかりしている、実に中国らしい光景である。



列車は快調に飛ばし、約1時間15分程で深圳駅に到着。
流石に一等席と言うだけあって、乗り心地は抜群によかった。



さて、深圳に到着し、このまま香港に帰っても良かったのだが、折角なのでここでもスタジアム巡りをする。
地下鉄を乗り継ぎ、歩くこと十数分。到着してから30分足らずで最初の目的地・深圳体育場に到着した。

周辺を歩き、どこかスタンド内に入れそうなところがないか探す。
幸い、正面玄関が開いていたので堂々と入り、見学させて欲しい主を伝えるが、現在は使用客がおり、一般開放時間となる18:00過ぎに改めて来てほしいという事だった。
まぁ、そんな事を言われても、今から18時過ぎまでは3時間以上もあるし、当然帰りの飛行機の事も考えると余裕はなくなる。
と、いう事で見学は断念し、一周ぐるっと回ってから帰ることにした。

●深圳体育場



1993年6月開場、収容人数は33000人。
中国サッカーリーグ/深圳紅鑽がホームスタジアムとして使用している他、2011年夏季ユニバーシアードの会場としても使用された。
屋根が付いた楕円形のスタンドはよく言えば統一感があって美しいが、悪く言えば面白みには欠ける。


そういえば、こちらのスタジアムの特徴として、スタジアムにやたらと店舗(飲食店&スポーツ用品店)が同居している。
まぁ、無駄のない使い方だとは思うが、正直人がいないので商売として成り立っているかどうかは甚だ疑問である。

よく日本でもスタジアム建設の際、試合のない日にどうやって人を集めるのか?どうスタジアムを有効に利用するのか? と、いった議論になったとき、大体出てくるのがショッピングセンターやトレーニングジムの併設案ではないだろうか。
ただ、これらの案は〝スタジアム自体”を活かした案とはとても言えず、言葉を選ばずに言えば、無理やり人を集めるために付加しただけであり、正直成功例等見たことがない。
そういう意味では〝防災拠点基地”として平常時は遊ばせていても、いざという時に役に立つという役割を与えている方が、 個人的にはスッキリする。
特に日本は何時如何なる大規模災害が何処に来るかもわからない状況であり、 有事の際に防災施設として使用できる施設は絶対に必要である。

まぁそうは言っても、あれほどの災害が続いた後で、有事の際にはその必要性が十分に身に染みた筈なのに、少し時間が立つと「箱もの行政、無駄使い!」だの何の言われるのが日本の辛い所である。
市民がいざという時に使用できる〝箱もの”防災施設は寄付してもらうか、税金で造るしかないんだけどねぇ…。

と、言う訳で、本当はもう一つ「深圳湾体育中心」にも行こうかと思っていたが、この調子だと外観を眺めて帰るだけになりそうであり、 私にとってはストレスを溜めるだけになるのでキャンセル。
このまま香港に戻ることにした。



まずは中国側の出国検査を受け、その後手荷物検査を受ける。
ただ、出ていく奴には無関心なのか、二人しかいない検査官はおしゃべりしていて私には一瞥もくれず、画面も見ちゃいない。
そんな中、私は一人で荷物を籠に乗せ、機械に通し、良いか悪いのかも解らない状況の中、荷物を持って後にする。
本当に冷たくあしらわれるより、無視される方が辛いとはよく言ったものである。
そもそも、私は入国時も真面に手荷物検査を受けていないんだけど、いいのか、これ?



続いて香港の入国審査を受け、少し歩くとそこはもうMTR羅湖駅。
所要時間30分。初めての歩いての国境越えは実にあっけないものだった。



後はそのまま香港中心部まで戻り、時間が来るまで周辺をぶらぶらする。
噂の重慶マンションは香港人よりもアラブ系の人間の方が多くて、噂通り怪しい空気で一杯だし、 香港の100万ドルの夜景は二週間振り二度目でも感動できた。

たった二回の来港だが、私にとってはもう勝手知ったる街・香港。
正直、飲茶も食べていなければ、ディズニーランドにも行っていないし、ただただスタジアムを見て回っただけである。
それでも好きになった街・香港。次回は国内リーグ観戦を目的に訪れてみたいと思う。


2017.04.11 浦和レッズ-上海上港戦 -Ⅰ-:「王国覇道」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system