はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.02.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 -T-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.03.01-02 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3/1 -T-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3/1 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3/1 -V-:忍の一字は衆妙の門
 3/1 -W-:九仞の功を一簣に欠く
 3/2 -T-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3/2 -U-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3/2 -V-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.03.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3/14 -T-:惚れて通えば千里も一里
 3/14 -U-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3/14 -V-:老驥千里を思う
 3/15 -T-:巡礼潮流-広州編-
 3/15 -U-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.04.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 -T-:王国覇道 

 2017.04.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.04.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 2017.05.09 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦


 2017.04.11 第四戦 番外 浦和レッズ-上海上港戦

-T-:王国覇道




朝から降りしきる雨。
試合観戦の高揚感もあまり無いままに、この日の試合会場である埼玉スタジアム2002に到着した。

当初の予定では、この日の「浦和レッズ-上海上港」戦、次の日の行われる「川崎フロンターレ-広州恒大」戦を 二日連続で観戦する予定だった。勿論チケットも購入していた。

しかし、どうしても回避できない会議&懇親会が入ってしまい、「川崎フロンターレ-広州恒大」戦は観戦不可能となってしまった。

『川崎フロンターレ2017ACL全戦参戦』を掲げ、山場であった三月の海外三連発も何とかやりくりして乗り切ったのに、まさかホーム・等々力陸上競技場で行われる試合で躓くとは…。

いち会社員である以上、仕方の無い事ではある。
ただ、この何とも言えないやり切れない気持ちに雨が降りしきる事で、心はどんどん重くなっていた。



平日開催のACL、しかも雨となれば、他の観客も足取りは重い。
開門時間少し前に到着したが、ゴール裏南側スタンドは好きな席が選び放題。ゴール真後ろの二列目でも余裕で確保できた。

まぁ、本当は屋根のある席に差額を払ってアップグレードをしたかったのだが、浦和の公式戦ではそういう制度はないらしい。
今日みたいな試合の日は結構儲かると思うんだけどなぁ…。



実は私がこの試合を観戦しようと思ったのには理由がある。

フッキが見たかったのだ。

私はフッキに対して思い入れがある。
2008年、川崎フロンターレ所属として出場した二試合、そのたった二試合を両方見た者として、 ジュニーニョ、鄭大世との3TOPに開幕前心躍らせた者として、もう一度、フッキを生で見たかった。

しかし、残念ながらこの試合、そのお目当てのフッキは先発どころかベンチからも外れた。
国内リーグで負傷したことから先発は難しいのでは?とは言われていたが、ベンチからも外れるとは…。
本当に残念である。



感想を簡単に。

・試合は前半終了間際に獲った一点を守り切った浦和の勝利。
お目当てのフッキを見る事は出来なかったが、本当に面白い試合だった。
・この日のMOMは間違いなくGK西川周作。後半序盤はつまらないクリアミスでピンチを招く場面はあったが、中盤から終盤にかけては二度のPK阻止に加え、幾度となく決定的なシュートを阻み続けた。 また、二度目のPK失敗の場面では、失敗したオスカルを挑発する森脇を突き飛ばす好判断。PK阻止後、興奮状態にあってもおかしくないところで、 非常に冷静に、要らぬトラブルを回避して見せた。素晴らしい!森脇、いい加減そういうの止めろよ…。
・そして、そんなGK西川のスーパーなプレイをゴール裏真後ろで観戦できた私。本当に寒い中、ポンチョに包まり、雨に打たれ我慢した甲斐があった。
・ちなみに私は、GK西川が浦和に来てから止めたPKの全てを生で見ている。
・「80億円の男」オスカル。やっぱり元ブラジル代表は凄かった…。後半対峙した柏木は完全にチンチンにされ、まさにやりたい放題。 結局ファールでしか止めれなくなってしまいPKをGET。まぁ、そのPKを二つとも外したんだけどねwww。ある意味貴重なものを見た。
・浦和の両サイドはいいねー。特に宇賀神は完全にこの試合の攻撃のキーマンとなり、左サイドから幾度となくチャンスを作っていた。。
・この日は興梠が出場停止という事で、FWの先発はラファエル-シルバとズラタン、控えに武藤と李忠成というスタート。 このFW陣の層の厚さは羨ましいの一言に尽きるな…。
・この日の観客は平日ACL&雨という事もあってか約2万弱とグループリーグ山場の一戦としてはかなり寂しい動員数。 しかし、ゴール裏の声量はいつもと全く変わらず圧倒的であり、浦和の浦和たる所を見せつけ、スタジアムの空気をこの日も完全に支配していた。本当に心から凄いと思う。
・ただ、私の近くにいた浦和サポーターの傍若無人振りにはかなり辟易した…。
ボールボーイにいちゃもんを付け、自分で傘をスタンドの溝に落としたにも関わらず「おい、警備員!傘取ってこい!!」と怒鳴りつける等、立場上強く出れない者に対する上から目線の行為は、本当に見聞きしているだけで嫌な気分になる。 何故そこまで偉そうに振舞えるのだろうか?自分たちの態度が周りの観客に与える影響を考えた事があるのか?もう、普通に営業妨害だと思うのだが、どうなんだ??
こういう客に対して運営側が厳しい態度取れない限り、観客が離れていく事は避けられないだろう。 それはもう、幾多のサービス業が証明しているし、傍若無人な客を放置する事はサービス業としては絶対にしてはいけない常識の一つである。

以上。

試合の観戦環境自体は雨&暴風&暴言親父のせいで最悪に近かったものの、ピッチ上の内容は本当に素晴らしい一戦だった。



これで浦和はグループリーグの勝ち抜けがほぼ決定。余程の事がない限り、落ちることは無いだろう。
今シーズンの浦和は序盤守備で不安定な試合が続いていたが、ここに来てその守備も少しづつ安定し始めている。
来年以降の出場枠を確保する上でも、日本のチームには出来る限り勝ち進んで貰いたいし、チーム戦力を考えると浦和と鹿島は十分優勝を狙えるチームだと私は思っている。

是非、このまま突き進んでもらいたい。


2017.04.25 水原三星ブルーウイングス戦 -T-:「」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system