はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3.15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -Ⅰ-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -Ⅰ-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -Ⅲ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -Ⅳ-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -Ⅴ-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -Ⅰ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -Ⅲ-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -Ⅰ-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ノックアウトステージ観戦記

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -Ⅰ-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -Ⅱ-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金
 5.24 -Ⅰ-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -Ⅱ-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -Ⅰ-:華胥の国の夢

 2017.5.23 ラウンド16 AWAY ムアントン・ユナイテッドFC戦

準備編:我、再び赴くは天使ノ都


今年の正月、2017AFCチャンピオンズリーグのグループリーグの組み分けが決定した時、まさかバンコクに行くとは思わなかった。

正直、川崎フロンターレがラウンド16に進出できる可能性はそれ程高くないと思っていたし、 ムアントン・ユナイテッドFCがラウンド16まで来る可能性はもっと低いと思っていた。
川崎がラウンド16で対戦するグループEは鹿島アントラーズ、蔚山現代の2チームに加え、元アルゼンチン代表のテベスを獲得した上海申花もプレーオフの突破が確実視されていた。
どっからどう見ても、勝ち残る可能性など見いだせなかった。

しかし、サッカーとは結果が出るまで解らないものである。

上海申花がまさかのプレーオフ敗退。
各チームが勝ちきれない中で、ムアントン・ユナイテッドFCが最終節を残した段階で予選突破を決めたのだ。
惜しくも、最終節で鹿島に負け、首位通過こそ逃したが、それでも見事としかいいようがなかった。

5月10日。
川崎フロンターレの対戦相手がムアントン・ユナイテッドFCと決まり、航空券の確保に動く。
本当は自宅からも近い羽田空港を利用したかったが、今回確保できた休みは二日間。 離発着時間と金銭面の都合を勘案した結果、成田空港⇔ドンムアン空港の飛行機を利用する事にした。
試合会場は間違いなくSCGスタジアムになると見ていたので、スタジアムからも近いドンムアン空港は到着してからすぐに向かうにはかえって都合が良いと思ったのだ。
と、いうわけで、ホテルもドンムアン空港から徒歩圏内の所で押さえ、チェックインしてから向かう予定でいた。

5月15日。
ムアントン・ユナイテッドFCの公式サイトでチケット情報が発表される。
これによると、アウェー席の前売りは無く、川崎サポーターに割り当てられた席は2ブロック程とかなり少なかった。
SCGスタジアムは元々収容人数は約13000人程、実際の入場者数は約11000人程のコンパクトなスタジアムであり、グループリーグですら毎試合チケットは完売している。 前回の韓国・水原の様に仮にアウェー側が埋まっても、ホーム側なら余裕で入れるだろう、という保険的な考えはまず通用しない。
川崎サポーターがどれほどタイに行くのか予想しきれない中、私の頭を支配するのはチケット確保に苦労したアウェー香港での事ばかりであった…。

 アウェーツアーに申し込もう!

毎回、フロンターレのACL観戦ツアーを企画&販売している西鉄旅行が、今回も〈日本発着ツアー〉だけでなく、〈現地発着ツアー〉を募集していた。
そこには、バンコク市内からスタジアムまでの行き帰りの送迎に加え、【観戦チケット】が付いているのだ。 これなら何の苦労も無く、100%チケットを事前に確保できる。

料金は日本円で7000円(往復バス+チケット代。ちなみに、正規チケット料金はメインスタンドでも約1200円程度)とメチャクチャ高いのと、一人でも余裕で行ける所に、わざわざ一度バンコク市内に出て遠回りして行く、というのはハッキリ言って時間の無駄でしかないのだが、 確実にチケットを入手出来る対価と割り切るしかない。

幸い、バスツアーの集合場所は、去年日本代表‐タイ代表戦でチケットを受け取りに行ったのと同じウインザースイーツホテルである。場所に迷う事はなずない。

と、なれば、最初に予約した空港近くのホテルもキャンセル。 集合場所のホテルに近い場所で予約を取り直す。

そう、去年タイに来た時と同じホテルを予約したったwww

去年訪れた時の経験がここで生きてくるとは思わなかった。

まぁ、それでも完全に問題が解決したわけではない。
ドンムアン空港に到着してから集合時間までの時間にまったく余裕がないのだ。
空港到着予定時刻が13:45。ツアー集合時間が15:45。その間、約二時間。
この二時間の間に、入国手続きを行い、集合場所のホテルまで移動。出来るなら、ホテルのチェックインも済ませておきたい。
結構、ギリギリのスケジュールで、ツアー担当者からも「大丈夫ですか?」と心配される始末である。

ただ、もう後戻りは出来ない。
これまでと同様、ひたすら駆け抜けるだけである。


2017.05.23 ムアントン・ユナイテッドFC戦 -Ⅰ-:「孔席暖まらず墨突黔まず」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system