はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ観戦記

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3.15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -Ⅰ-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -Ⅰ-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -Ⅲ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -Ⅳ-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -Ⅴ-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -Ⅰ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -Ⅲ-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -Ⅰ-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ノックアウトステージ観戦記

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -Ⅰ-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -Ⅱ-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金
 5.24 -Ⅰ-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -Ⅱ-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -Ⅰ-:華胥の国の夢

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
準々決勝

 2017.8.23 準々決勝 HOME
浦和レッズ戦

 8.23 -Ⅰ-:瑠璃も玻璃も照らせば光る

 2017.9.13 準々決勝 AWAY
浦和レッズ戦

 9.13 -Ⅰ-:無常の風は時を選ばず


 2017.5.23 ラウンド16 AWAY ムアントン・ユナイテッドFC戦

5/23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金



感想を簡単に。

・カッター!良くやった!!
直近の鹿島戦から先発五人を入れ替えて挑んだが、前半は終了間際に先制されるもボールを保持して相手の体力を削り、 後半、相手の足が止まってきたところで一気に勝負をかけるという ここ最近のフロンターレらしい戦い方で見事勝利。試合終了間際には貴重なアウェーゴールを更に追加しての完勝。 とりあえず結果としてはいう事なし、上出来である。
・それにしても暑かった…。日中のサウナの様な息苦しい空気は和らいでいたが、それでも気温は30度越え…。 前後半の途中に給水タイムが取られていたが、試合終了後にはピッチに倒れ込む選手が続出。
本当に良く戦ったよ。
・怪我の影響からこの日は途中交代で出場した大島僚太。彼が入った事で個々の役割がより明確になり、 一気に逆転へとつながった。 ネットも大島君と組むと別人のように生きるね。
ただ、残念ながら怪我の影響でたった15分で交替。今のフロンターレの最重要選手だけに、 大事に至らない事を祈るばかりである。
それにしても、〝出場15分で二点に絡み交替”って三杉淳かよwww
・J開幕戦以来の先発となる家長。前半はイマイチだったが、後半大島君が入ってからは徐々にフィットし、二点に絡む活躍を見せた。 彼の活躍がそのままフロンターレの伸びしろとなるだけに個人的にはかなり期待している。
・小林悠のボレーシュート、 凄すぎてビビった。ゴラッソもいいけど、もっと簡単な場面で決めてくれてもエエんやで。
・森本はちょっとキツイな…。このままじゃ控えも厳しいぞ。
・↑ただ、もっとキツイのは、その森本以外のFWがほとんどいないという現状。
新しい外国人選手は枠を考えると現実的ではないし、今年はもう補強しないのかなー…。
・ムアントンは四連敗中&中二日で三試合目という超過密日程の影響からか、後半は完全に足が止まっていた。 タイプレミアリーグが日程を組む時に、勝ち残っている事を想定していないという噂があったが、マジでそうとしか思えない過密ぶりである。
ただ、本来ならこのまま土曜日にリーグ戦を熟して、来週火曜日に等々力で試合と いう地獄が待ち受けていたが、これは相手チームの協力もあり、週末の試合は延期となったようだ。
ティーラシルや札幌移籍が決定しているチャナチップ等、素晴らしい選手がいるだけに少しでも万全の状態で次戦を迎えてもらいたいものである。

以上。
とにかく、この悪条件の中、失点はしたものの、アウェーゴールを三つも奪って完勝した。
十分と言える結果だろう。



試合終了後、ムアントン・ユナイテッドの選手を迎えるサポーター。
チームが公式戦五連敗という結果を残したことで、本来ならブーイングが起きてもおかしくはない。

ただ、この苦しい状況でも、サポーターはタオルマフラーを掲げ、チャントを歌い、選手を鼓舞していた。

私は常々、負けた選手に対して罵詈雑言を浴びせる事に対しては否定的である。

勝負とは相手のあるものであり、結果だけを責めるのは違うと考えている。
勿論、プロである以上、常に結果が求められるのは理解しているが、結果だけを責めつけた所で、次に良い結果が生まれるとは思えないからである。

ただ、やる気のないプレーや、怠慢なプレーに対して非難をする事に対しては否定的ではない。
プロである以上、結果が出るまでは全力を尽くすのは当たり前だと思っている。

そういう意味では、この日のムアントンサポーターは強かった。
このチームはまだ死んでいない。

アドバンテージを得たとは言え、2ndレグも決して油断は出来ないだろう。



選手が完全に引き上げたのを見届けてからスタジアムを後にする。
途中、私たちの姿を見た何人ものムアントンサポーターが祝福の言葉と共に拍手を送ってくれた。
本当にありがたい事だし、心から嬉しく思う。

逆の立場なら私はこういう態度が取れていただろうか?
私は自問自答し、恥ずかしい気持ちになった。



そして、いつもなら各種交通機関を駆使して自力で帰えるのが当たり前なのだが、今日に限っては違う。
バスツアーに申し込んでいたので、このままバンコク市内まで運んでくれるのだ。

スタジアムに来るまでは「あー、高い金払って参加したけど、これなら自分で来ればよかったなぁー…」とか思っていたが、 実際何も考えずに帰ることが出来るというのは想像していた以上に肉体的にも精神的にも楽だった。
正直、疲労もピークを迎えていたので、今では参加しといて良かったとすら思っている。
現金なものである。



バスの到着を待っていると、ムアントンの男性サポーターからタオルマフラーの交換の申し出があったので快く応じた。

…まぁ、本当の所を言うと、この日持参したタオルマフラーは、私が12年前に初めて購入したタオルマフラーであり、これまで幾多の試合を共にした思い入れのあるマフラーである。
個人的感情を剥き出しにすれば、そんな簡単に交換できる代物ではないのだ。

でも、私は交換した。

だって、あんな無邪気な笑顔でお願いされたら断れないよ…。

と、いうわけで、交換後、二人で記念撮影もし、笑顔でお別れした。

恐らく、二度と彼に出会うことは無いだろう。
だが、一期一会。それもフットボールである。



帰りのバスは渋滞に巻き込まれることもなく、スムーズにバンコク試合のホテルに到着した。
ツアーはここで解散。各自散り散りとなる。

私もホテルに向かって歩き出すが、そのままホテルには戻らない。
そう、ここはタイ、タイと言えばマッサージだ。

幸い、去年来た時にも毎日利用したマッサージ店がまだ開いていた。
そして、驚いたのが、去年毎日お世話になったオバちゃんが私の事を覚えていた。
懐かしい再会にハイテンションで私のケツを叩きまくる笑顔のオバちゃん。
なんだか、私も嬉しくなってくる。
もう、「今回は違う若いお姉ちゃんがいいなぁー…」なんて言える空気は微塵もなくなった。

そして、こっから一時間半、みっちりと足裏マッサージを受け、足の浮腫みと疲れを取って貰う。オマケで頭や肩のマッサージもしてくれた。これでお茶を飲んで帰って一時間半で400バーツ、日本円で約1200円。最高と言わざるを得ない。



現地時間00:00過ぎ。日付が変わったところでホテルに到着する。
朝四時に起きてからここまで、本当に長い一日だった。

私は交換したタオルマフラーを丁寧に畳み、鞄に仕舞う。
本当に今日の試合は結果だけでなく、スタジアム、サポーターも含めて、心から来てよかったと思える素晴らしい試合だった。
この記憶を末永く留められるよう、彼と交換したこのマフラーを私は大切にしたいと思う。


2017.05.24 ムアントン・ユナイテッドFC戦 -Ⅰ-:「巡礼潮流-バンコク編-」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system