はじめに: 旅のきっかけ 

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
グループリーグ

 2017.2.22 第一戦 HOME
水原三星ブルーウイングス戦

 2.22 -Ⅰ-:精神一到何事か成らざらん 

 2017.3.1-2 第二戦 AWAY
東方沙龍SC戦

 3.1 -Ⅰ-:断じて行えば鬼神も之を避く
 3.1 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ一-
 3.1 -Ⅲ-:忍の一字は衆妙の門
 3.1 -Ⅳ-:九仞の功を一簣に欠く
 3.2 -Ⅰ-:巡礼潮流-香港編 其ノ二-
 3.2 -Ⅱ-:巡礼潮流-香港編 其ノ三-
 3.2 -Ⅲ-:ミヤコワスレの花言葉  

 2017.3.14-15 第三戦 AWAY
広州恒大戦

 準備編:先は野となれ山となれ

 3.14 -Ⅰ-:惚れて通えば千里も一里
 3.14 -Ⅱ-:虎口を逃れて竜穴に入る
 3.14 -Ⅲ-:老驥千里を思う
 3.15 -Ⅰ-:巡礼潮流-広州編-
 3.15 -Ⅱ-:ならぬ堪忍するが堪忍  

 2017.4.11 第四戦 番外
浦和レッズ-上海上港戦

 4.11 -Ⅰ-:王国覇道 

 2017.4.12 第四戦 HOME
広州恒大戦

 2017.4.25-26 第五戦 AWAY
水原三星ブルーウイングス戦

 4.25 -Ⅰ-:恋は盲目、思案の外
 4.25 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ一-
 4.25 -Ⅲ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ二-
 4.25 -Ⅳ-:男、線を跨げば11人敵あり
 4.25 -Ⅴ-:王侯将相寧ぞ種あらんや
 4.26 -Ⅰ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ三-
 4.26 -Ⅱ-:巡礼潮流-ソウル編 其ノ四-
 4.26 -Ⅲ-:韓国野球観戦-行雲流水  

 2017.5.9 第六戦 HOME
東方沙龍SC戦

 5.9 -Ⅰ-:志ある者は事遂に成る

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
ラウンド16

 2017.5.23-24 ラウンド16 AWAY
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 準備編:我、再び赴くは天使ノ都

 5.23 -Ⅰ-:孔席暖まらず墨突黔まず
 5.23 -Ⅱ-:勇往邁進唯我独尊
 5.23 -Ⅲ-:泰宵一刻直千金
 5.24 -Ⅰ-:巡礼潮流-バンコク編-
 5.24 -Ⅱ-:バンコクの風になる

 2017.5.30 ラウンド16 HOME
ムアントン・ユナイテッドFC戦

 5.30 -Ⅰ-:華胥の国の夢

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2017
準々決勝

 2017.8.23 準々決勝 HOME
浦和レッズ戦


 2017.9.13 準々決勝 AWAY
浦和レッズ戦



 2017.5.30 ラウンド16 HOME ムアントン・ユナイテッドFC戦

-Ⅰ-:華胥の国の夢



息が詰まるような暑さだったタイでの試合から丁度一週間。
AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16の第二戦は、川崎フロンターレのホームスタジアム・等々力陸上競技場で行われる。

タイ程ではないが、日本でも徐々に気温が上がり、半そで一枚で出歩くのに丁度いい気温になってきた。
春先は花粉症の影響もあり、外に出るだけでもそれなりの苦痛を伴う私にとっては、一年を通してこの時期が一番過ごしやすい時期でもある。



第一戦のAWAYでの戦いを1-3で勝利し、「アウェーゴール」という視点も入れればかなりのアドバンテージを持って挑むことが出来るこの第二戦だが、 決して油断することは出来ない。
90分も時間があれば、ありとあらゆることが想定できる。
実際、これまで幾度となく「嘘だろ…」と思うような大逆転を見てきたので尚更である。

必要以上に悲観的になる事はないが、油断は禁物である。



感想を簡単に。

・完勝!
ムアントンが逆転するには最低でも三点が必要という事で、序盤から一気に攻めてくるかと思われたが、 まさかのカウンター狙い。川崎としては序盤から一気呵成に攻め込まれるのを警戒し、早い時間で得点を取られる事を恐れていただけに、 この時点で余裕をもって試合を進められた事が非常に大きかった。
まぁ、前日に浅草観光をしたり、かなり日本を満喫されていた様子なので、人によっては「ムアントンはやる気がなかった」という方もいるだろうが、 仮にそうだとしても、それは川崎が〝アウェーで快勝した”という結果がもたらしたもの。 あの第一戦のAWAYでの快勝が導いたものである。
この日の相手の出来&結果だけでゴチャゴチャ言われる事ではない。
・今日の主審は悪い意味で〝いかにもACL”という感じ。まぁ、こういうのも含めて〝ACL”だと私は思っているので、 今更いきり立ったり、怒ったりする気も更々ないが、こういう試合できっちり快勝出来ると痛快極まりない。
・長谷川君はこれで公式戦5ゴール目。今季初めは不本意なサイドバックという形でスタートしたが、 怪我人が続出する状況の中、腐ることなく結果を出し続けた事が実を結んでいる。本当に素晴らしい。 こういう若手の突き上げはチームの底上げには欠かせないものである。これからもドンドン行ってほしいね。
ただ、このままだと三好君の出番は確実に少なくなっていくなぁ…。
・中村憲剛が DFラインより低い位置でボールを捌いていたけど、効果的にサイドを使えていた所を見ると、引いて守る相手には結構有効かもしれん。
・狩野健太のボランチ、結構良かったと思うのは私だけ?
・前半から大量リードされる展開でも、非常に楽しそうに応援している姿が印象的だったムアントンサポーター。 正直あそこまで楽しめるのは羨ましさすら感じる。
・↑逆に私の横に座っていた女性はU20日本代表が負けた事にかなりご立腹で、マジ怖かったんですけど…。
以上。

この結果、川崎は8年ぶり3回目となるベスト8へと駒を進める事が決定した。



そして、次の日。
浦和レッズが済州に見事逆転勝ちし、東地区の生き残りは日本2チーム、中国2チームとなった。

次の対戦相手が決まるのは6月6日。
対戦相手は、見事逆転勝ちを収めた浦和レッズか、グループリーグも同組だった広州恒大、そして元川崎のフッキ擁する上海上港の内のどこか…。
モノの見事に、私が今年観戦したチームだけが残ったのは、夢見る女の子ではないが運命じみたものを感じる。

個人的な要望を言わせてもらえば、浦和とはまだやりたくない。
同じ国のチームとやるのは最後でいい。多分、誰もがそう思っているだろう

なので、AFCには八百長でもイカサマでも忖度でも、とにかく何でもいいので、是非日本-中国の図式を作って頂きたい。


そして、個人的には一度対戦した広州よりも、まだ対戦していない上海の方がいいなぁー。
でも、勝ち上がりだけを考えるのなら、パウリーニョの移籍の可能性が高い広州恒大の方が良いかもしれないね。

とにかく、浦和以外でお願いしやす!


2017.戦 -Ⅰ-:「 」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system