東京スタジアム

■正式名称:東京スタジアム
■呼称:味の素スタジアム
■住所:東京都調布市西町376-3
■オープン:2001年3月10日
■収容人数:49970人

◆スタジアムグルメはこちら

元々、多摩国体の会場として使用する事を目的に陸上競技場として設計されていたが、 補助グラウンドの整備が遅れた事により、日本陸連第一種競技場の公認を得られなかった。 現在はサッカー、ラグビーの他、各種イベントにて使用されている。
Jリーグでは唯一、FC東京/東京ヴェルディの2チームがホームスタジアムとし、 日韓W杯開催時にはサウジアラビアが練習場として使用した他、各種イベントも開催された。
また、日本初のネーミングライツを導入したスタジアムとしても知られている。


■京王線「飛田給」駅より徒歩5分
■西武多摩川線「多摩」駅より徒歩20分
■京王線「調布」駅よりバス10分

最寄駅の京王線「飛田給」駅は普段各駅電車しか停車しないが、 試合開催時には規模や時間によって、急行/特急も停車する。
また、近隣の駅からも通常の巡回バスの他、臨時バスが運行される場合もある。



【出かける前に】

味の素スタジアムの天気
Yahoo!路線検索


・スタジアムの外観は少しオールド・トラフォードに似ている。
 
・スタジアムの横には「アミノバイタルフィールド」と呼ばれる補助グラウンドがある。 約3000人を収容できるスタンドや照明設備も完備しているが、 開場5周年を機に天然芝から人工芝に張り替えられ、JFL開催は出来なくなった。現在は主にアメフト等で使用されている。
 
FC東京/東京ヴェルディ主催試合時には、 場外にケータリングカーが並ぶフードコートが設置されるようになった。

・コンコースは広く、開放的で気持ちが良い。 ただし、売店は数も少ない上に、商品構成も貧弱そのもの。
 
・コンコースは下層スタンドの最上段と同じ位置に設置され、 スタンドとはガラスで仕切られている。

・収容人数は上層20600人、下層29370人の計49970人。
 
・メインスタンドにはペアシートや記者席に加え、VIPルームや特別観覧室、レセプションルームも完備されている。

・元々陸上競技場と設計されているが、 陸上トラック整備は凍結されたまま 設置予定部分には人工芝が敷かれている。 その為、観客席からの視界は陸上競技場そのものである。
・また、よく話題に上がるピッチ状態だが、私個人の見解としてはスタジアムの運営面/運用面を考慮すると、正直仕方がないと思っている。
もちろん、スタジアム側にも最低限の努力は必要であり、選手が怪我をするようなコンディションしか保てないような状態は問題だが、 それなら、多目的スタジアムをホームスタジアムとしたクラブ側のリスク管理も等しく疑問視すべきである。

・屋根の素材は半透明のテフロン素材が使用されているが、 両ゴール裏スタンドの一部は天然芝への日照を確保する為、全透過のポリカーボネート板を採用している。
・両ゴール裏上層スタンドには、松下電器製の大型LEDディスプレイ/アストロビジョンが設置されている。 ホームゴール裏お大型ビジョンには時計と45分計が設置されているが、アウェー側にはない。
 
・座席は全席個別席でドリンクホルダー付き。
inserted by FC2 system