top-111.jpg


北神戸田園スポーツ公園野球場

■正式名称:北神戸田園スポーツ公園野球場
■愛 称 :あじさいスタジアム北神戸
■住所:兵庫県神戸市北区有野町二郎753-1
■オープン:2000年
■収容人数:3000人

北神戸田園スポーツ公園内に2000年に完成。350通に及ぶ一般公募から、 神戸市の花である紫陽花に因み「あじさいスタジアム北神戸」という愛称が付けられた。
完成と同時に、オリックス・ブルーウェーブ(当時)の二軍・サーパス神戸(当時)の本拠地球場となり、現在に至る。


■神戸電鉄三田線「岡場」駅もしくは
「神鉄道場」駅からバスに乗車、
「菖蒲が丘2丁目」より徒歩10分
■神戸電鉄三田線「二郎」駅より徒歩25分

所在地は神戸市だが、“神戸”というイメージは完全に捨てたほうが良い。
スタジアムまでは神戸電鉄三田線「岡場」駅からバスを利用するするのがオススメ。 「神鉄道場」駅からも下車停留所である「菖蒲が丘2丁目」行きのバスは出ているが、極端に本数が少なく、また閑静な住宅街で、駅前には時間を潰せるようなところは全くないのでオススメしない。 逆に「岡場」駅前は買出しや時間潰しも出来る上、バスの本数もこちらのほうが多い。
「二郎」駅から徒歩という手段もあるが、その道のりの半分以上が未整備で、 路面状態の悪い所を25分近く歩く為、一部のファンからは『登山』と言われている。
お金に余裕があればタクシーを利用するのも手だろう。
下車停留所の「菖蒲が丘2丁目」は住宅街にある。 降りるとすぐに北神戸田園スポーツ公園までの案内看板があり、公園の周りを歩くので迷う事はないだろう。

【出かける前に】

北神戸田園スポーツ公園野球場周辺の天気
Yahoo!路線検索



・球場の外観は、規模は小さいながらもモダンな雰囲気を醸し出している。
 
・公園内には球場のほかサブグラウンドが2面ある。 曜日によっては歩道を1本挟んでプロの二軍戦と草野球が行われていて、何ともいえない長閑な雰囲気が心地よい。
・二軍戦試合時は三塁側に唯一の入場口が設けられている。

・外野周辺はネットが張られているだけなので、覗き見しようと思えば出来る。

 
・コンコースにはちょっとした売店もあり、弁当やお菓子なども販売されている。 ただ、弁当はすぐに売切れてしまうのであまり期待しないほうが良い。


・収容人数は内野2000人、外野1000人の計3000人。 ただ、外野スタンドは開放される事がほとんどない。
 
 
 
・一、三塁側のスタンドは芝生席。 ゆったりとしたスペースがとられ、天気が良い日にはちょっとしたピクニック気分が味わえる。
 


・グラウンドは両翼99M、中堅122M。内野はクレー舗装で外野は人工芝。

 
・内野スタンドには抉る様な形でブルペンが設置され、 プロのピッチングをあらゆる角度から見ることが出来る。
 
・二軍の本拠地球場では珍しく照明設備があり、 スコアボードも磁気反転式のかなり立派なものが設置されている。
ただ、残念なことに文字が少し見づらい。

作成日:2008/4/3
inserted by FC2 system