Thai Army Sports Stadium


■住所:214 Vibhavadi Rangsit Rd, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok 10400
■オープン:-年
■収容人数:20000人


バンコク都心部ディンデーン区のタイ陸軍施設内にある同スタジアム。
主にサッカーの試合に用いられ、タイ・リーグに所属するアーミー・ユナイテッドFCがホームスタジアムとして使用している。 また、2007年AFCチャンピオンズリーグではバンコク・ユニバーシティ-川崎フロンターレの一戦が行われた他、 北京オリンピックサッカーアジア予選の女子最終予選では日本代表-タイ代表の試合も行われている。
■タクシー:BTS「「ビクトリーモニュメント」駅から約10分
■バス:BTS「ビクトリーモニュメント」駅からスタジアム前下車約10分
■徒歩:BTS「「ビクトリーモニュメント」駅から約30〜40分

一番無難なのはタクシーを利用する事。 このスタジアムはタイ陸軍施設内にあり、「アーミークラブ」と伝えればほぼ100%連れてきてくれる。 タクシー料金も日本とは比較にならない程安いので、あれこれ考えるぐらいならサッサとタクシーを利用した方が賢明である。
また、「ビクトリーモニュメント」駅からはこのスタジアムを通過する路線バスも多数出ている。
気を付けなければならないのが、徒歩ルート。地図で確認すると直線距離だけを見て大したことがないように見えるが、 実際は途中に片道10車線を越える大きな道路があり、この道路を横断する手段は大きな交差点から2〜3km程先にある鉄骨の歩道橋しかない。 どうしても徒歩で行きたいのなら、歩道橋の位置までしっかりと調べていく事。


・数年前から段階的に行われている改装工事で綺麗になった外観。アーミー・ユナイテッドFCのチームカラーである緑と黄色がアクセントとして差し込まれている。
・バックスタンド側にはグッズショップも併設されている。
・スタジアムに併設されている食堂は試合開催日は勿論、試合がない日でもオープンしている。
・同スタジアムはタイ陸軍施設内にある。施設内は非常に広いが、タクシーやバスを使うとスタジアムの前まで運んでくれる。

・収容人数は20000人。
スタジアム自体は典型的な陸上競技場だが余計なスペースが非常に少ない。座席はピッチと同じレベルから設置されている。
・川崎フロンターレがAFCチャンピオンズリーグで戦った当時からメインスタンドには屋根が架かっていたものの、座席が設置されているのは中央部のみ。それ以外は全て石段という非常に簡素な造りであった。
しかし、ここ数年段階的に行われている改修工事により、スタジアム自体の形状は変わらないものの、メインスタンドの屋根のある部分全て+バックスタンド+ゴール裏スタンドの一部に椅子を新たに設置。 石段の部分も塗り直された。
・グラウンド部分も痛んでいたトラック部分を改修工事で補修し、トラック以外の部分には人工芝が張り付けられた事で、見た目にも非常に美しくなった。

作成日:2017/1/24
inserted by FC2 system