ブンデスリーガ観戦記

はじめに:旅のきっかけ
1日目@:It's Football
1日目A:FSVフランクフルトvsFCザンクトパウリ
2日目@:シュツットガルトの憂い
2日目A:マーガスとの出会い
2日目B:シュツットガルトvsバイエルンミュンヘン
3日目@:オリンピック・パーク
3日目A:アリアンツ・アレナ
3日目B:1860ミュンヘンvsニュルンベルク
4日目@:ウルムの大聖堂
4日目A:ハイデルベルクの片隅
4日目B:カイザースラウテルンの決意
4日目C:カイザースラウテルンvsフライブルク
5日目  :see off

その他 :費用について

 はじめに:旅のきっかけ



ドイツに行きたかった。

主要リーグが数多く存在するヨーロッパで、ブンデスリーガの位置づけがそんなに高くないことはもちろん知っている。
それでも、一番ブンデスリーガが見たかった。
日本のJリーグがお手本にし、世界一の平均観客動員を誇るリーグを感じて見たかった。

なぜ、多くの人がフットボールに魅せられ、スタジアムに足を運ぶのか、
ドイツにはその原風景があるような気がしていた。

それを知るには実際に行くしかない。

画面や紙では熱は伝わらない。
風は靡かないし、空気も震えない。
音は選別され、画一的にしか聞こえてこない。

だから自分の五感すべてで触れてみたかった。

あまり余裕のない時間と予算で考えた結果、一部の試合が1試合、二部の試合を3試合観戦することになったが、 行ってみたいスタジアムを優先した結果なので不満はない。
逆に日本にはあまり情報が入ってこない二部リーグが見れるということで個人的には興味深い。

そんなわけで、クラブワールドカップの開幕戦を見た次の日から、ドイツに向かった。


(「1日目@:It's Football」に続く・・・)


HOME

inserted by FC2 system