top-111.jpg


福岡市鷹の巣
レクリエーションセンター野球場

■正式名称:福岡市雁の巣
     レクリエーションセンター野球場
■住 所 :福岡県福岡市東区奈多1302-58
■オープン:1991年
■収容人数:3470人

福岡市雁ノ巣レクリエーションセンター内に1991年完成した同球場は、その年から福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)の二軍本拠地兼練習場として使用が開始された。また、福岡ドームが使用できない時には、 一軍の練習場としても使用されている。
二軍とはいえ、九州で圧倒的な人気を誇るホークスの公式戦、しかもスタンドは無料開放ということもあり、 平日でも多数の来場者が訪れ、休日ともなれば多数の立ち見客が出る事もある。


■JR香椎線「雁ノ巣」駅より徒歩10分

最寄駅のJR「雁ノ巣」駅から徒歩で10分程。 JR香椎線は本数が少ないので予め時刻表を確認しておく事をオススメする。
球場のある福岡市雁ノ巣レクリエーションセンターは駅から直進し、突き当りで左折。道沿いに歩けば到着する。
また、駐車場も無料で用意されている。



【出かける前に】

雁ノ巣球場周辺の天気
Yahoo!路線検索


・球場は雁ノ巣レクリエーションセンター内にある。 同敷地内にはアビスパ福岡の練習場もあり、両方見学する事も容易にできる。
 
・村の公民館のような外観で、剥き出しのコンクリートが必要以上に年季を醸し出している。
 
 
・三塁側スタンドの周辺には投球練習場があり、少しだが中を覗く事も出来る。   

・公式の収容人数は3470人。恐らく、芝生席を含めた数字である。

 
・スタンドはバックネット裏付近のみ。5列程しかなく、どの席からもネット越しの観戦となる。

・グラウンドは両翼98M、中堅122M。内野はクレー舗装で、外野は天然芝。

・内野〜外野スタンドは芝生席となるが、基本的に開放はされない。
 
・スコアボードはパネル式。 基本的な情報は揃っている。
 
ブルペンは一・三塁側両方に設置されている。

作成日:2008/4/13
inserted by FC2 system