香港大球場
Hong Kong Stadium


■住所:銅鑼湾掃桿埔東院道55号
■オープン:1953年
■改修:1994年
■収容人数:40000人

香港を代表する球技専用スタジアム。
7人制ラグビーの世界大会・香港セブンズや ラグビーワールドカップセブンズの会場として有名で、サッカーでは香港代表や各種国際大会でも使用され、 日本代表もこのスタジアムで試合したことがある。
■MTR港島線「銅鑼湾」駅より徒歩15分 ■MTR「銅鑼湾」駅「湾仔」駅「金鐘」駅「中環」駅「上環」駅より運行している香港シティバス5b線乗車→香港スタジアム下車

最寄り駅は「銅鑼湾」駅。スタジアムまでは繁華街を抜け、1km程歩くと到着する。ただ、行きは上り道となり、繁華街の雑多な道路を歩いていると方向を見失いやすい。なので事前にしっかり調べていく方が良いだろう。
また、周辺のMTR各駅から運行している香港シティバス5b線を利用すれば、スタジアム正面の停留所まで行くことが出来る。


・スタジアムは山を切り開いて作った場所にあり、周辺には様々なスポーツ施設がある。
・スタジアム正面付近は割と開けてはいるが、スタジアム自体は完全に山の中に埋もれている。
・正面ゲート付近以外は立地的な問題からかとにかく狭く、すぐ横に岩盤剥き出しの崖があったり木が生い茂っていたりとかなり鬱蒼としている。

・収容人数は40000人。
メイン/バックスタンドは三層式で大きな屋根が架かり、各スタンドの二層目には多数のVIPルームも用意されている。両ゴール裏スタンドは一層式で屋根も無く、正面ゲートがある北側のゴール裏スタンドは南側に比べて小さくなっている。
・メイン/バックの大きな屋根付きスタンド、傾斜の緩い両ゴール裏スタンドという形状は日本の博多の森球技場と非常に似ている感じがするが、こちらの方が規模は一回りも二回りも大きい。 また、天然芝、座席の色、周辺の緑が作り出す一体感はこのスタジアムにより格調の高い印象を与えている。
・南側ゴール裏スタンドに二基横並びに設置された6.72m×9.6mの大型映像装置。正面ゲートがある西側方面をカバーしている。

作成日:2017/6/27
inserted by FC2 system