top-111.jpg



 
 
 

 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 



 


 
 
 

 
 
 
 
 
・数多くのユニークな座席が用意されている中でも、最大の目玉はバックネットの手前にグラウンドを掘り下げて作られた「砂被り席」。 視線はベンチと同じということもあって臨場感に溢れ、誰よりも近い位置で見るプロの対決はこの上ない贅沢かもしれない。
ちなみに、チケットは一般発売はされておらず年間シートのみ。当初は年間シートの発売もされず完全なスポンサー向けの販売のみであったことから考えると、多少は手が届く位置に来たといえる。
楽天以外の球団が主催する試合では一般発売も行われるが、すぐに売切れてしまう。
 


 
・第一期改装工事で新設されたフィールドシートは、国内ではスカイマークスタジアムに続き二番目に設置された。 他のスタンドと同じように改装工事のときに新設されもので、 バックネットに近い席は旧宮城球場時代の名残か、同じように少し掘り下げた位置作られているのでよりフィールド目線で観戦できる。
だが、その分他のスタジアムに比べると危険度も上昇し、開場後すぐに怪我人が出てしまった事で、事故防止のネットが設置される事となった。
結果としてネットがある分、他スタジアムのフィールドシートに比べると臨場感に欠ける事になったのは、残念としか言いようがない。
 
 
 
 
・「ボールパーク養成ギブス」の5階に新設されたプレミアムラウンジ。ラウンジ内にはソファーやテーブルが設置されている他、 外にも観戦シートが用意されていて、好きな席で観戦できる。
ただ、高額な割には特別見やすいわけでもなく、眺めは他の球場の二階スタンドからの眺めそのもの。 正直ちょっと高価な「二階内野自由席」といった感じ。
スカイマークスタジアムのラウンジは年間シート保持者が無料で使用できることを考えると、値段に見合った席とは言いがたい。

 
 

・2008年シーズン前には経年劣化した人工芝の全面張替えを行った。球団は公式発表とは別に「Mr.カラスコの度重なるグラウンド乱入によって人工芝が傷ついたため」とも発表している。
 
 



・三塁側スタンドと外野グラウンド内には楽天の企業ロゴが表示されるようになった。
最近よくある形の広告なのだが、個人的にはグラウンドへの広告は、内外を含め大反対である。 景観的にも下品で、何でもいいから金儲けをしたい、という下劣さが滲み出ている。
容認するとしても、
●グラウンド内:親会社の企業ロゴのみ
●グラウンド外:親会社の企業ロゴ、及び、球場ネーミングライツを購入した企業のロゴ
これが限度だろう。
 
 
 
 
・バックネット裏スタンドに設置されいる「オーロラリボン」がレフト、ライトスタンド上部の広告看板下にも増設された。
 
・好評のグループシートをライトスタンドの芝生席だった場所にも新設。 約400人を収容できるが、全体の収容人数は23000人から22187人に減少した。

・毎年のように改修工事を行ってきた同球場だが、2009年度は例年に比べると小規模なものに。
球場周辺に大きな変更はなく、球場内もバックネット裏スタンド前部の改修がメインで、これに伴い収容人数は22098人となった。
 
・バックネット裏スタンドは従来の砂被り席に屋根を付け上部に座席を、 その両脇には7人まで利用できるテーブル付きのボックス席を設置し、最前列からバッターボックスまで約4m程近くなった。
 
 
・これまでも臨場感ある座席として好評だった砂被り席がグレードアップ。 同球場では初めての屋根付きの座席となり、ウッド調の落ち着いた空間は高級感が漂う。 また、分かれていた一塁側と三塁側も行き来可能になり、試合前にいろいろな角度から楽しむ事が出来るようになった。
 
 
 
・フルクッションシートを装備したシートはテープル、肘掛付きで、 従来よりも2割ほど幅広になった豪華仕様。 段差も付いた事で前方の視界はより良好になり、無料のドリンクサービスも付いている。
ただ、屋根ができた事でそれを支える柱が増設され、座席によっては一定方向の視界を遮られてしまう事になったのは残念としか言いようがない。
 
・また、球場正面に新設された専用ゲートからの入場も出来るようになった。
 
・専用ゲートの先にはメンバーズデスクが用意され、手荷物の一時預かりやタオルケットの貸し出し等、 快適な野球観戦をサポートしてくれる。
・ちなみに、席に向かう途中には球場関係者の通路もあり、選手や監督も行き来する。 また、トイレは記者や審判と共同で、5回終了時のグラウンド整備の時には審判がこぞってトイレに駆け込んできた。 ただ、急いでいるのはわかるが、マスクを洗面台に置きっぱなしで個室に駆け込み、手も洗わないで出て行くのはどうかと思うよ、○○さん。
 
・また、一部チケット保持者を対象とした専用バーラウンジがオープン。 ビッフェ形式で食事と飲み物(一部有料)が用意され、空調の整った室内でゆっくり寛ぐ事ができる。
ただ、食事に関しては種類は豊富に用意されているものの、その内容はそこら辺のホテルの朝食と大差ない。 また、室内は座席も少なく、ビッフェのスペースも狭いのでイニング間にはかなり混雑する。
 
・入口には田中将大がプロ初勝利初完投を挙げた日と、岩隈久志が21勝目を挙げた日のピッチングプレートが埋め込まれている。
 
・室内にもオールスター開催時のサインの寄せ書きや記念品等の展示がされている。

inserted by FC2 system