top-111.jpg


宮崎市生目の杜運動公園野球場

■正式名称:宮崎市生目の杜運動公園野球場
■愛 称 :アイビースタジアム
■住所:宮崎県宮崎市大字跡江4461-1
■オープン:2002年
■収容人数:11000人

宮崎市制70周年記念事業の一つとして、老朽化が進んでいた宮崎市西部総合運動場を、 総合スポーツ公園として改築する事業の中心として、2002年12月に完成した。
一般公募により、“阪神甲子園球場のように、外壁がツタで覆われた美しい球場になって欲しい”という応募から、「アイビースタジアム」という愛称が名付けられている。
高校野球などアマチュア野球の公式戦で使用される他、公園が一部完成した2003年11月からは福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の春季、秋季キャンプが行われている。


■宮交シティバスセンターよりバス15分
(JR南宮崎駅より徒歩5分)

最寄り駅はJR「宮崎神宮」駅になると思うが、駅からスタジアムまでは徒歩で向かうような距離ではない。 JR「南宮崎」駅近くの、宮交シティバスセンターからバスで向かうのが一般的とされている。
ただ、ソフトバンクホークスの春季キャンプ開催中は、JR「宮崎」駅から臨時シャトルバスが運行されている。



【出かける前に】

宮崎市生目の杜運動公園野球場周辺の天気
Yahoo!路線検索


 
・メインスタンド外周の壁面には愛称命名者のアイデアに則り、蔦のつるが這わされている。 ただ、まだ愛称に相応しいほどの蔦は絡まっていない。(2008年現在)
 


 
・コンコースは狭く、常設の売店はない。
・また、キャンプ中はコンコースからブルペンを見下ろす事ができるという事もあり、かなり混みあう。

・収容人員は内野スタンド6000人、外野スタンド5000人の計11000人となっている。
ただ、この外野スタンドの芝生席に5000人詰め込むのはかなり無理があると思う。 全員立ち見ならギリギリ可能かもしれないが、無茶苦茶と言わざるえない。
 

・両翼100M、中堅122M。 内野はクレー舗装で、外野は天然芝。グラウンドはそれなりに整備も行き届き、冬でも常緑の状態を保っている。
 
 
 
・スコアボードは磁気反転式のもので、必要最低限の情報は揃っている。
・ブルペンも一・三塁側スタンドを抉り込むような形で設置されている。
 

作成日:2008/3/2
inserted by FC2 system