2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.09.01 UAE戦
 -T-:運命のベルが鳴る 
 -U-:灰色の木曜日

2016.09.06 タイ戦
 -T-:タマホマレする男 
 -U-:危険な生存戦略
 -U-:勝てばよかろうなのだぁーッ!

2016.10.06 イラク戦
 -T-:あらしのあとで 
 -U-:死なない男


キリンチャレンジカップ2016

2016.11.11 オマーン戦
 -T-:限りなく“赤”に近いブルー

2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.11.15 サウジアラビア戦
 -T-:シン・二ホン 
 -U-:私はスキをあきらめない

2017.03.23 UAE戦
 -T-:アルアインに咲く華 
 -U-:イカレちまったぜー!
 -U-:Rock Over JAPAN

2017.03.28 タイ戦
 -T-:春雨ランデブー 
 -U-:鼓動の異味

2017.08.31 オーストラリア戦

 2016.10.06 イラク代表戦 -T-:あらしのあとで




2016年10月6日。天気は快晴。
昨日まで日本列島を縦断していた台風は温帯低気圧に変わり、空は気持ちが良いぐらい青々としている。
ロシアW杯アジア最終予選も第三戦目、舞台は再び「埼玉スタジアム2002」に戻ってきた。

前大会のブラジルW杯最終予選から、日本代表の試合会場は「埼玉スタジアム2002」に限定されるようになり、 今大会では3次予選から最終予選まで全ての試合が同スタジアムで行われる事が予定されている。

確かに、日本最大のサッカー専用スタジアムなのだから、そのスタジアムをホームスタジアムとして扱う事は何一つ間違っていない。
ただ、私のようにどうしても【スタジアム】に主眼を置いてしまう極少数派の人間にとっては、もっと色んなスタジアムで見てみたいというのも本音である。
特に8月からもう三回目。これから先もYBCルヴァン杯決勝、日本代表-サウジアラビア代表戦、Jリーグチャンピオンシップ、と最大であと3回ここに来る事になりそうな気配がある。
別にこのスタジアムが嫌いなわけではないが、流石に飽きてくるのは否めない。



スタジアムへは前回よりも少し早い14:20頃に到着。
前回と比べると待機列も短く、イベントスペースも人が少ない。

この試合のチケットは三週間前、早々に完売になったと聞いていただけに、 気合を入れて少し早めに来たが、少し肩透かしを食らった。
ただ、今回も入場はゆっくりと牛歩の様に進む。
タイでダイナミックな入場を体験してきた後だけに、いつもより余計にイライラを募らせてしまう。



今回の来場者プレゼントは折り畳み式のオリジナル・エコバック。 前回のクールシート&ウェットシートと比べると使い勝手の幅も広く、格段にレベルアップした気がする。



試合開始50分前。
今日も相手GKが現れると拍手で迎え、日本代表の選手が現れると黄色い声援が飛び交う。

ただ、前回のUAE代表戦に比べると、かなり少ない気がした。
流石に上から目線で悠長に構えている場合じゃないと気づいた人が多かったのか? それとも、単純にミーハー気分の観客が減っただけなのか?
多分、その両方だろう。
UAE戦の結果、最終予選二試合の試合内容を知っていれば、余裕がない事は誰でもわかる。
ただ、そのお陰で前回よりも少しは心地よい緊張感をスタジアム全体から感じることが出来た。


 
 
 
 

日本代表のスタメンが発表される。
ハリルホジッチ監督は戦前の予想通り、これまで“聖域”と化していた香川真司を外し、清武弘嗣を起用してきた。
私は別にアンチ香川でも何でもないが、明らかにここ最近の出来は酷過ぎただけに、それだけでちょっと期待が持てる。

それ以外は、前試合のタイ代表戦から浅野拓磨・山口蛍→岡崎慎司、柏木陽介に変更と、ほぼ大方の予想通りの布陣である。



ただ、不安がないわけではない。
今の日本代表は問題が山積している。香川がスタメンを外れただけで全てが解決できるほど単純ではないのだ。
それでも、日の丸を背負い、君が代を歌って、今日も戦うのみである。


2016.10.06 イラク代表戦 -U-:「死なない男」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system