柏の葉公園総合競技場

■正式名称:柏の葉公園総合競技場
■住所:千葉県柏市柏の葉四丁目1番地
■オープン:1999年
■収容人数:20000人

◆スタジアムグルメはこちら

元々、日立柏サッカー場を暫定的にホームスタジアムとして使用していた柏レイソルが、柏の葉公園に計画されていた陸上競技場に着目。これに20000人が収容できるスタンドと照明塔と整備し、更に千葉県では初となる全席に屋根を備え付けた上で、柏レイソルのホームスタジアムとする事が柏市と千葉県によって決定し、1995年から整備が開始され1999年に完成した。 しかし、建設当初からあくまでホームスタジアムは日立柏サッカー場であり、同競技場をホームスタジアムとしては認めないという主張をしていた柏サポーターの反対は凄まじく、開幕戦でもセレモニー中に発炎筒が投げ込まれたり、抗議の弾幕が揚げられる事件が起こった。その事もあり、現在でも準ホーム的な扱いを受けている。
日立柏サッカー場に比べてピッチが遠く臨場感にかける事、交通の便が悪い事で、他チームのサポーターにも評判は悪かったが、つくばエクスプレスが開通した事で一部改善されている。


■東武野田線「江戸川台」駅より徒歩30分
■首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線「柏の葉キャンパス」駅より徒歩20分

最寄り駅は首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線「柏の葉キャンパス」駅。駅からは徒歩20分程度で行く事ができるが、周辺が殺風景な事、公園内に入ってからもしばらく歩く事で、実際はもっと歩いているような感じを受ける。
柏レイソルの試合開催時にはシャトルバスも運行されるので利用するのもいいかもしれない。
また、つくばエクスプレスが開通するまでの最寄り駅であった東武野田線「江戸川台」駅からもシャトルバスは運行される。徒歩だと30分程かかるが、駅からスタジアムまではほぼ直線道路なので迷う事はないし、歩道も広いので安全。
「柏」駅からもシャトルバスは運行しているが、渋滞に巻き込まれることが多いらしいのでオススメはできない。

【出かける前に】

柏の葉公園総合競技場の天気
Yahoo!路線検索


スタジアムの外観はゴツゴツとした感じで、色も白と青を基調に抑えられている。よく言えば独創的だが、個人的には量産型の雑魚モビルスーツっぽい感じがする。
 
照明塔もなかなか見かけることの無い形で、スタジアムを覗き込むように斜めに立てられている。
 
スタジアムのある柏の葉公園には日本庭園やバラ園、ボート池等もあるので、時間があれば公園内を散策してみるのも良いだろう。

 
 
メインスタンドにはコンコースがあるが、バックスタンドにはコンコースと呼べるものはなく、売店やグッズショップ等は競技場外のスタンドに入る為の階段途中に設置されている。
スタジアムグルメは内容、味共に乏しいのでまったく期待しないほうが良い。  

収容人数は20000人。メインスタンドとその他のスタンドが完全に分離していている。
 

バックスタンドからゴール裏スタンドは目線が選手と同じレベルにある上に傾斜が緩く、陸上トラックもあってかなり見辛い。 ピッチ全体を見渡したい人はゴール裏スタンド、バックスタンドは避けたほうがよいだろう。

柏サポーターだけでなく、他チームのサポーターからも酷評される同競技場だが、ここでは少しだけ良い点も挙げて見る。
@メインスタンドは最前列も少し高い位置から座席が設置されている上、角度もあって見やすい。
Aすべてのスタンドに屋根が設置されているので、除き雨に濡れる場所は少ない。
以上の事からメインスタンドで観戦する分には、他の競技場に比べても遜色はないといえるだろう。
 
 
電光掲示板もあるが、バックスタンド中央部にチーム名と得点表示がやっとの代物。スタンドの設置の仕方といい、電光掲示板といい、どことなく昔の市原臨海競技場に近いものがあるが、同じ千葉県にあるのだから少しは市原臨海競技場の反省点を活かしても良かったのに・・・と心から思う。
 
座席はメインスタンドが背もたれ付き、バックスタンドは背もたれなしの個別席。両ゴール裏は立見席で、手摺りは一定間隔で設置されている。

作成日:2008/6/14
inserted by FC2 system