水原ワールドカップ競技場
수원월드컵경기장


■住所:京畿道水原市八達区牛満洞228
■オープン:2001年5月
■収容人数:43288人

2014年1月14日開業。
2002日韓W杯の会場として建設されたサッカー専用スタジアムで、FIFAコンフェデレーションズカップ2001の会場にもなった。サッカー韓国代表の親善試合も開催されており、現在は韓国サッカーリーグ/水原三星ブルーウィングスのホームスタジアムとして使用されている。
また、2017年のFIFAU-20ワールドカップでは会場の一つとして使用されることも決定している。
■韓国鉄道/地下鉄「水原」駅から徒歩40分、バス20分、タクシー20分
■地下鉄4号「線舎堂」駅から7000番バスで40分
■地下鉄2号「蚕室」駅から1007-1番バスで60分

スタジアムは街の中心部から少し離れた所に位置する。
駅からスタジアムまでは4Km程離れており、徒歩でも行けない事は無いが、水原駅から運行している路線バスを利用するのが一般的の様だ。
また、タクシーも初乗り2km3000ウォン(※模範タクシーは3km5000ウォン)とかなり安いので、利用する価値は十分にある。

また、水原はソウル市内からも高速鉄道で30分、地下鉄でも1時間弱で来ることが出来る。
ソウル市内からは「ワールドカップ競技場前」停留所に停車するバスも頻繁に運行しており、利便性はかなり高い。


・メイン/バックスタンドに架かった大きな屋根が印象的なスタジアム外観。
・スタジアム周辺には室内プール等のワールドカップスポーツセンターやワールドカップ記念館がある。

・コンコースにはホーム側だけでなく、アウェー側にも常設の売店が設置されている。

・収容人数は43288人のサッカー専用スタジアム。
以前、水原三星といえば、韓国サッカーリーグを代表する人気クラブであり、No.1の観客動員を誇っていた。 しかし、現在はその動員力もかなり落ちてきているのか、メインスタンド上層部以外は全て目隠しの幕が張られている。
・独独のド派手なカラーリングに目を奪われがちになるが、総二層式のスタンドはピッチも近く臨場感も抜群。 収容人数とのバランスを考えても、アジアでもトップクラスの素晴らしいスタジアムである。
・メイン/バックスタンドには雨風、日差しを十分に凌ぐことが出来る実用性の高い大きな屋根が架かっているが、両ゴール裏にはない。
・両ゴール裏スタンド上層部には大型映像装置も設置されている。

作成日:2017/5/9
inserted by FC2 system