top-111.jpg


さいたま市営大宮球場

■正式名称:さいたま市営大宮球場
■住所:埼玉県さいたま市大宮区寿能町2-519
■オープン:1967年(1988年改修)
■収容人数:10000人

当時はまだ大宮市だった時代の1967年に大宮市営球場として開業。 大宮公園にある埼玉県営大宮公園野球場と共に、高校野球や社会人野球などアマチュア野球が頻繁に開催される他、プロ野球の二軍公式戦も年に数回開催される。 また、県営大宮公園野球場の大規模工事や埼玉国体では、高校野球の主会場として使用された。
2001年、大宮市が浦和市、与野市と合併し「さいたま市」となったのに伴い、現名称に改称された。


■東武野田線「大宮公園」駅から徒歩10分
■JR・東武野田線「大宮」駅から徒歩20分

最寄り駅は東武野田線「大宮公園」駅。ターミナル駅である「大宮」駅からも充分に徒歩圏内といえる。 近くに埼玉県営大宮公園野球場があるが、間違えやすいので注意が必要。

【出かける前に】

さいたま市営大宮球場周辺の天気
Yahoo!路線検索



 
・球場の敷地内には売店があり、プロ野球二軍公式戦などではちょっとした弁当や軽食も販売される。
 
・スタンド自体が小さく、ファールボールがスタンド外に出てしまうことから、一、三塁側には防護ネットが設けられている。

 
・バックネット裏スタンド、内野席スタンドの入口は個別にある。
・コンコースと呼べるものも一応あるが、かなり狭いので売店などは一切ない。


・収容人数は10000人。スタンドは一層式で大きくはないが、すぐ近くに2万人規模のスタジアムがある事を考えれば十分だと思う。
・中堅122M、両翼91M。内野のクレー舗装、外野の天然芝は、地方球場としてはよく整備されている方だと思う。
 
 
 
・がっちりとした印象を受けるスコアボードは選手名や得点経過はもちろんの事、 アマチュア野球大会にも対応した造りとなっている。
 
・バックネット裏スタンドの座席は背もたれ付きの個別席。
・外野スタンドは緩やかな傾斜の芝生席だが、プロの二軍戦でも開放されない事が多々ある。

作成日:2007/9/17
inserted by FC2 system