top-111.jpg


楽天イーグルス泉練習場

■正式名称:楽天イーグルス泉練習場
■住所:宮城県仙台市泉区大沢1丁目4番地1
■オープン:2006年
■収容人数:100人+立ち見

2004年11月にプロ野球に参集した楽天イーグルスは、熱心に誘致していた山形県に呼応する形で、 二軍本拠地を山形県野球場とし、山形県総合運動公園周辺に練習施設と合宿所を順次整備する計画を立案した。 しかし、一軍本拠地のある仙台市内に居住する選手が多く、 山形には練習と試合に通う者が殆んどで、 山形市内に仮の合宿所として用意された「あびこ会館」を使用する選手は殆んどいなかった。 こうした事情から翌年には当初の計画を断念。 仙台市内に自前の練習施設を整備する方針に転換し、 泉区の東北自動車道/泉インターチェンジ側で県・市が分譲を進めていた流通/工業団地「仙台泉インターシティ」内に用地を確保、 各施設は2006年3月に竣工した。
竣工当初は命名権を売却し「デンコードースタジアム泉」と呼称されていたが、 デンコードーがケーズホールディングスの完全子会社となった事から、 2008年からは命名権による呼称を使用せず「楽天イーグルス泉練習場」と名称を改めている。


■宮交バス「大沢二丁目」「明石南四丁目」から徒歩5分

仙台市地下鉄南北線「泉中央」駅から4番バスのりば発、宮交バス「泉ヶ丘パルタウン経由 富谷営業所」行、「南富谷サニータウン」行、「あけの平経由 吉岡」行などで「大沢二丁目」下車、 もしくは5番バスのりば発、宮交バス「ジャスコ富谷店」行などで「明石南四丁目」下車すれば、両停留所からは徒歩5分ほどで到着する。 練習場は郊外型ショッピングセンター・イオンに隣接しているので、そこを目指して歩けばまず迷うことはない。

【出かける前に】

楽天イーグルス泉練習場周辺の天気
Yahoo!路線検索


 

・高いネットで囲まれた練習場には、「楽天イーグルス泉犬鷲寮」と名付けられた合宿所も併設されている。

 

・グラウンドは中堅122M、両翼101.5Mと、 一軍本拠地球場と同サイズ。 内外野共に人工芝で、 こちらも一軍本拠地と同じロングパイル人工芝を使用し、デザインもほぼ統一されている。
・あくまで練習場として建設され、観客席、スコアボード等の観戦設備は整えられていなかったが、 2016年に簡易ながら100人収容の観客席を設置。二軍公式戦も開催された。
また、一塁側は関係者以外立ち入り禁止の施設内にあるので、練習の見学は一般道に面する三塁側に限定されている。

・そんな中、オススメの観戦スポットがお隣のイオン。
屋上駐車場からはグラウンドが一望でき、練習時には熱心なファンだけでなく、買い物に来た一般客も足を止めて見学している。 ただ、距離があるので、かなり見づらい。
・また、1F周辺には明らかに見学用に設置されたと思われるベンチも備えられている。
植木で一部視認性が悪い所もあるが、屋上に比べるとグラウンドは幾分近く感じる。

作成日:2011/8/26
inserted by FC2 system