top-111.jpg


利府町中央公園野球場

■正式名称:利府町中央公園野球場
■呼称:楽天イーグルス利府球場
■住 所:宮城県宮城郡利府町青山1-2-4
■オープン:1997年4月1日
■収容人数:3512人(固定席1112人)

◆スタジアムグルメはこちら

1997年にイースタンリーグ公式戦の日本ハムvs巨人戦でこけら落とし。2009年春のセンバツに21世紀枠で初出場し、ベスト4に進出した利府高校の向かい側に位置する同球場は、 日韓W杯が開催された宮城スタジアムと同じ利府町にある。
楽天球団はリーグ参加初年度から3年間は山形に二軍の本拠地を置いていたが、 移動距離の長さ、観客動員の伸び悩みもあり、協定の自動延長辞退を通告。 一方で同球場は合宿所からの移動距離も短く、熱心な招致活動も実り、2009年から二軍本拠地として正式に追加されることが決定。 それに伴い、球場の愛称を「楽天イーグルス利府球場」とし、主催試合の半数以上が行われている。


■JR利府線「利府」駅より徒歩30分、バス10分


最寄り駅はJR「利府」駅。 この路線は本数が少ないので事前に調べていったほうが良い。
駅から30分と十分に徒歩圏内であるが、素直に路線バスを利用することをオススメする。



【出かける前に】

利府町中央公園野球場の天気
Yahoo!路線検索



・球場は利府町中央公園(十符の里パーク)内にあり、JR「利府」駅から歩いていくとスコアボードが見えてくる。

・スコアボードの裏には「楽天イーグルス利府球場」と、愛称が表記されている。
 

 
 
・楽天イーグルス二軍戦開催時には露店も出店している。

 
・二軍本拠地となった際、愛称として「楽天イーグルス利府球場」という名が付いたが、 所有者は利府町のままであり、楽天球団ではない。


・収容人数は3512人。これは内外野の芝生席を含めた数字であり、内野スタンドだけなら1112席である。


・バックネット裏スタンドには、ふっくらとしたデザインが特徴的な屋根も設置されている。
 
・2008年11月に本拠地として追加されることが正式に決定した後、 利府町は6000万の補正予算を計上し、防球ネット、シャワー室や冷暖房設備等、球団の要望に答えて改修工事を行った。


・中堅122M、両翼98M。内野はクレー舗装で、外野は天然芝。 オープンしてから10年ちょっとの球場にしては古びた印象があり、天然芝の手入れも甘く、剥げ、継ぎ接ぎが目立つ。
 

作成日:2010/3/19
inserted by FC2 system