top-111.jpg


宮崎県総合運動公園硬式野球場

■正式名称:宮崎県総合運動公園硬式野球場
■愛 称 :サンマリンスタジアム宮崎
■住所:宮崎県宮崎市大字熊野1443-12
■オープン:2001年
■収容人数:30000人

宮崎県総合運動公園内に2001年に開場。九州・沖縄地方では唯一、国内では5つしかない内外野総天然芝のグラウンドを持つ。
開場と同時にそれまで同じ公園内のひむかスタジアムをキャンプのメイン球場としていた巨人は同球場にその機能を移し、 プロ野球の公式戦やファームの日本選手権、オールスターも開催された。
愛称の“サンマリンスタジアム宮崎”は巨人の名誉監督、長嶋茂雄が発案したものを、 県がその後に行った愛称の公募で正式に採用したもので、長嶋氏は名誉命名者として一般応募者と共に県から表彰を受けた。


■JR日南線「木花」駅より徒歩10分
■JR宮崎駅よりバス35分
■宮崎空港よりバス15分
■宮交バス(JR南宮崎駅近く)よりバス20分

最寄り駅はJR日南線「木花」駅。次の駅の「運動公園」駅よりもこちらの方が近い。 ただ、試合開催日は「運動公園」駅を利用するように促されるが、あまりオススメできない。
日南線は本数が少なく、臨時列車が運行される場合でも、帰りの時刻表は確認しておく事をオススメする。
バスも各地から運行しており、駐車場もあることから車での来場という手段もあるが、 総合運動公園につながる道が少なく、試合開始前から終了後の数時間は道が大混雑する。



【出かける前に】

宮崎県総合運動公園硬式野球場の天気
Yahoo!路線検索


 
・宮崎県総合運動公園は非常に広大な敷地を有し、園内は常夏の雰囲気が漂っている。 また、2月のキャンプシーズンには、巨人の他にJリーグのチームも同時にキャンプを実施がする程、充実した施設が整っている。

 

 
 
・内野スタンドのコンコースは1階スタンドの中段と上部に二層設置されている。

・収容人数は内野18000人、外野12000人の計30000人。 内野スタンドは二層式で外野スタンドは一層式。
 
・スタンド内にはエレベーターも設置されている。
 
・両翼100m、中堅122mのグラウンドは、九州・沖縄地方では唯一、国内でも数少ない内外野総天然芝。
 

 
・スコアボードは電工式。どっしりとしたイメージだが特に特徴はない。
 
・照明塔は計6基設置されている。やしの木の一種である「ワシントニアパーム」をイメージしたサーチライトが組まれている。
 

作成日:2008/3/2
inserted by FC2 system