2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.09.01 UAE戦
 -T-:運命のベルが鳴る 
 -U-:灰色の木曜日

2016.09.06 タイ戦
 -T-:タマホマレする男 
 -U-:危険な生存戦略
 -U-:勝てばよかろうなのだぁーッ!

2016.10.06 イラク戦
 -T-:あらしのあとで 
 -U-:死なない男


キリンチャレンジカップ2016

2016.11.11 オマーン戦
 -T-:限りなく“赤”に近いブルー

2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.11.15 サウジアラビア戦
 -T-:シン・二ホン 
 -U-:私はスキをあきらめない

2017.03.23 UAE戦
 -T-:アルアインに咲く華 
 -U-:イカレちまったぜー!
 -U-:Rock Over JAPAN

2017.03.28 タイ戦
 -T-:春雨ランデブー 
 -U-:鼓動の異味

2017.08.31 オーストラリア戦

 2016.11.15 サウジアラビア代表戦 -T-:シン・二ホン




11月15日。
9月から始まったW杯アジア最終予選も、今日で折り返しを迎える。
始まったころは暦上は9月といえども、季節は夏。それが、10月、11月となり、樹木は緑から黄金色に葉の色を変え、すっかり秋めいて冬の到来さえ感じさせる。
正に、季節の移ろいをここ埼玉スタジアムで感じている。

そして、今日の試合はW杯出場をかけ、絶対に負けられない一戦となった。
勝利以外は全てW杯出場に黄色信号が灯りかけない前半最大の山場であり、仮に勝利することが出来ても 2点差以上で勝てなければ、サウジアラビアの順位を上回る事が出来ない。
正に今日の結果が今後を左右するのである。

更に実はもう一つ、今日の結果次第で大きく左右されることがある。

来年のアジアチャンピオンズリーグの日本の出場枠である。
今日の試合で勝利することが出来れば本戦出場枠3+予選出場枠1はほぼ確実視されているが、 もし、引き分けor負けるような事があれば、2+2という事もあり得るのである。
予選から出場となれば、2月上旬から公式戦が開始され、クラブとしてはかなりキツイ。 代表しか興味がない人にとってはどうでもいいかもしれないが、Jリーグも大好きで、アジアでも是非Jリーグのチームに勝ち抜いてほしいと思っている私にとっては 非常に重要な問題である。



朝、職場に立ち寄ってからスタジアムに直行した関係で、今までのホーム三試合の中で最も早い1時過ぎに到着。待機列もまだこの時間だと短く、今までで一番前方を確保することが出来た。
ただ、開門まで3時間もあると流石にすることがない。なので、芝生で横になり、すっかり弱気になった日差しを浴びながら昼寝をして過ごすことにした。



開門予定時間を過ぎても中々列が進まず、17時過ぎにようやくスタジアムに入場する。
今回の来場者プレゼントはオリジナルのブランケット。これからの季節、ジッと座っているのはいくら日差しが高くても中々キツイ。それがナイトゲームなら尚更である。 それゆえ、こういう実用性のあるプレゼントはかなり嬉しいのだが、いかんせん小さすぎる。デザインは悪くないだけに、有料でもいいので2〜3倍ぐらいの大きさを販売してほしい。



試合開始50分前、日本代表の選手が現れる。
今日に至っては黄色い声援はほぼ聞こえず、声援と拍手が圧倒的で、サウジアラビアの選手が現れても、拍手するような人間は殆どいない。
初戦のUAE戦で余裕をぶっこいていた人も、流石に今日の試合の重要性は理解しているようで、 今日はスタジアム内に慢心に満ちた感情は殆ど見られず、 いい意味での危機感と緊張感がスタジアム内を完全に支配している。
個人的には初戦からこの空気感をしっかりと作れていれば、少しは違う結果になっていたかもしれなかったのに…、 と思うが、今更言ってももう遅い。これからの試合でしっかりとサポートしていくしかない。







そして、注目の日本代表のスタメンが発表される。
試合当日まで紙面を賑わしていた日本代表のスタメン問題だが、ほぼ戦前の予想通り本田圭佑がスタメンを外れ、 左サイドには長友が復帰。前線は、大迫、清武、原口、久保という若く新鮮な顔ぶれが並んだ。 ちなみに、本田、香川、岡崎の三人が全てスタメンから名前を消すのは約7年振りで、初戦のUAE戦からは5人スタメンが入れ替わった。

個人的には、たった3か月も立たないうちに、こうなるなんて思いもしなかった。
最終予選が始まる前は、何だかんだで、本田、香川、岡崎、長友を中心としたチームで、ロシアW杯まで戦うと思っていた。

しかし、予想以上に時計の針は早く進んだ。

ただ、アウェーのオーストラリア戦を除き、全て現地観戦をしたものとしては、今日のスタメンは非常に前向きな気持ちで観戦が出来る。 やはり、所属クラブで競争に勝ちレギュラーを獲得している者、調子のいい者を使うのは当たり前の事であり、 健全な組織では必ず健全な競争が行われている。過去の経験、本来の実力も無視するべきではないとは思うが、 やはり一番大事なのは、あらゆる意味で「ベスト」なメンバーが出場する事だろう。 そんな事は絶対ないと思うが、間違っても、スポンサーの顔色を伺うような事はあってはならない。

そういう意味では、今日のスタメンにネガティヴな感情は一切湧かないし、もし仮に負けるような事があっても、未来に繋がる様なモノを見せてくれるのなら 悲観する必要もない。

私はこの決断を下したハリルホジッチ監督の勇気を支持したいと思う。 そして、この新しい日本代表に心の底から声援を送りたいと思う。




2016.11.15 サウジアラビア戦 -U-:「私はスキをあきらめない」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system