Tahnoun bin Mohammed Stadium


■住所:Al Ain - Abu Dhabi
■オープン:1987年
■収容人数:15000人

1987年開場。
以前はUAEサッカーリーグ/アルアインFCのホームスタジアムとして使用され、 2003&2005年にはAFCチャンピオンズリーグ決勝戦の会場にもなった他、 アラブ首長国連邦のサッカー代表戦も開催されていた。
しかし、シェイク・ハリファ・インターナショナル・スタジアムと同じく、こちらも2014年のハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム開場後はその役割を移している。
■「Al Ain Bus Station」からタクシー10分
■「タウン・スクウェア」停留所からバス15分

スタジアムは街の中心部から少し離れた所に位置する。
アルアインはアブダビ首長国の街の中ではアブダビに次いで二番目に大きな町であり、アブダビからはバスで二時間ほどで来ることが出来る。 ちなみに、バスの料金は片道25AED(2017年3月現在)と驚くほど安い。

公共バスは一律2AED(日本円で約70円程)とかなり安く 街の中心部にある「タウン・スクウェア」停留所からは930番線に乗り、スタジアムが見えたら降りる準備をすればよい。スタジアムの目の前にバス停があるのでそれで十分間に合う。
また、タクシーも初乗り3.5AED(日本円で約120円程)とかなり安いので、利用する価値は十分にある。



・スタジアムはアルアインFCが所有するスポーツクラブの敷地内にある。
・スタジアム外観にもアルアインFCのチームカラーである白色をベースに、紫色が所々に配色されている。
・スペースコロニーの様な近代的で特徴的なスタジアム外観。
正面入り口周辺には所属選手のパネル等も掲示されているが、毎年更新されているわけではない様で情報は古い。

・収容人数は15000人。陸上トラックは無いので一応サッカー専用スタジアムと言っても良いのだろうが、過去には多分あったのだろうという形跡は見て取れる。
・スタンドは総一層式。屋根付きの立派なメインスタンドにそれほど大きくもないサイド/バックスタンドという、ある意味テンプレートの様な形状。
・大型映像装置はなく、昔ながらの電光掲示板がバックスタンドとサイドスタンドの間辺りに一基のみ設置されている。
・ゴール裏のスペースにも天然芝が敷き詰められているからか、余分なスペースがあるにも関わらず、本格的な専用スタジアムの様な雰囲気を感じる。
・座席は全て背もたれ付きの個別席。
色もチームカラーの白と紫色の二色のみで統一されているからか、全体的な纏まりを感じる。

作成日:2017/4/18
inserted by FC2 system