2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.09.01 UAE戦
 -T-:運命のベルが鳴る 
 -U-:灰色の木曜日

2016.09.06 タイ戦
 -T-:タマホマレする男 
 -U-:危険な生存戦略
 -U-:勝てばよかろうなのだぁーッ!

2016.10.06 イラク戦
 -T-:あらしのあとで 
 -U-:死なない男


キリンチャレンジカップ2016

2016.11.11 オマーン戦
 -T-:限りなく“赤”に近いブルー

2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.11.15 サウジアラビア戦
 -T-:シン・二ホン 
 -U-:私はスキをあきらめない

2017.03.23 UAE戦
 -T-:アルアインに咲く華 
 -U-:イカレちまったぜー!
 -U-:Rock Over JAPAN

2017.03.28 タイ戦
 -T-:春雨ランデブー 
 -U-:鼓動の異味

2017.08.31 オーストラリア戦

 2016.09.06 タイ代表戦 -T-:タマホマレする男


最終予選第二戦、タイ代表戦を観戦する為、バンコクにやってきた。

第一戦で敗戦を喫した日本代表にとっては、絶対に負けられない戦いであり、 この一戦で負けるような事があれば、監督更迭の話まで浮上している。 まだ、最終予選は始まったばかりだとはいえ、穏やかな話ではない。

決戦の地、ラジャマンガラ・ナショナル・スタジアム。

このスタジアムはハッキリ言って交通の便が良くない。

一番楽なのは市内からのタクシーである。ただ、バンコク市内は慢性的に渋滞しているので、中々時間が読みにくい。
なので、まずは最寄り駅であるエアポートリンク・ラームカムヘン駅へ向かう。 ここまで来れば、後は徒歩、路線バス、タクシーと選びたい放題である。ただ、徒歩は50分近くかかるし、路線バスは…。 一応、運河ボートという手段もあるが、面倒くさいのでタクシーで一気にスタジアムに向かう事にした。

タクシーは若干の渋滞にはまりながらも約10分程でスタジアムのメインスタンド側に到着した。
この時間で渋滞が出来つつあるという事は、多分、試合開始時間が近づくにつれどんどん酷くなっていくのだろう。



試合開始までまだ5時間以上あるというのに、スタジアム周辺には多くの人が集まっていた。
そして、所狭しと屋台が並び、旨そうだが何か良く解らない食べ物から、絶対にパチ物とわかるユニフォーム&タオルマフラー、 変テコな応援グッズまで、フリーマーケットの如く様々な物が売られている。

もう、この雰囲気だけでめちゃくちゃ楽しい。

私も旨そうに見えるものを片っ端から食いまくる。 ここまでは試合前に腹を壊すのが怖かったので屋台での食事は控えてきたが、 ここまで来たらもう関係ない。食って食って食いまくるだけだ。 しかも、値段はどれも20〜50バーツ(日本円で60〜150円)位と激安価格なので、全然懐も痛まない。

もー、最高だぜー!!ビバ、バンコク☆

正に、最高にハイって奴である。






また、入場ゲート付近では両国のサポーターが所々で記念撮影をし、友好を温めている。
正直、私はあまり写真を撮られるのは好きではないが、ここまで来たのでタイ代表サポーター達と一緒に記念撮影をする。
こういう楽しみも国際試合ならではである。

そうこうしている内に、タイ代表のサポーターも登場。息の合ったコールを繰り広げだした。

バンコク滞在初日に乗車したタクシーの運転手・ヤイーが言っていた事は間違っていなかった。

正に周辺は“フィスティバル”。
この一戦を一日中楽しもうとする人達で溢れかえっていた。

ちなみに、この一戦のチケットだが、チケット会社が販売直後に変更になるなど二転三転した後、 仕切り直しのタイ国内販売分は早々に完売。 日本でもタイでもチケット難民が多数いるという噂を聞いていたが、 当日の会場では普通にアウェースタンドのチケットが販売されていた。

正直、私も最初に見た時は???となった。

ただ、実際に「日本人にだけ」アウェー側スタンドのチケットが販売されていた。
少し立ち話をした大学生達は先程ここで購入したらしく、ホーム側のチケットを持っていたインドネシアから来た日本人もアウェーチケットを買いなおしていた。

この試合のチケットを取る為に高い金を出した人も沢山いたようだが、こればかりはどうしようもない。 運が悪かった、リスクの回避代金として諦めるしかないだろう。

ただ、アジアのいい加減さを改めて思い知った。



そうこうしている内に、開門時間が近づいてきた。

我々はアウェー、ということで、アウェースタンドの入場ゲートを探していたが、一向にそれらしきものが見つからない。
どうやら、一つのゲートでホームとアウェーが一緒に入場するらしい。
こんな事はこれまでの私の観戦史上初の事である。
しかも、今日は厳重な持ち物検査が予定されているらしく、警備員が横一列に20人以上並んでいる。

非常にダイナミックな入場方式である。

6万以上の来場が見込まれるスタジアムでゲートが一つ、しかも、ホームとアゥエーがごちゃ混ぜ。 これだけでも、少しサッカー観戦に慣れている人間からすれば違和感しかない。
こんな事はタイだから可能であることであって、他の国ではまずありえないだろう。

特に、某東アジアの国で行われる国際試合では予測される危険とトラブルを回避するために、バスで纏まってスタジアムに行き、纏まって入場する。

あの国でこんな事されたら無事に入場ゲートまで辿り着ける自信は全くない。

おおらかというか、何というか…。

ただ、これだけの入場口が用意されていると、開門と同時に列は流れるように動き出した。


2016.09.06 タイ戦 -U-:「危険な生存戦略」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system