2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.09.01 UAE戦
 -T-:運命のベルが鳴る 
 -U-:灰色の木曜日

2016.09.06 タイ戦
 -T-:タマホマレする男 
 -U-:危険な生存戦略
 -U-:勝てばよかろうなのだぁーッ!

2016.10.06 イラク戦
 -T-:あらしのあとで 
 -U-:死なない男


キリンチャレンジカップ2016

2016.11.11 オマーン戦
 -T-:限りなく“赤”に近いブルー

2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.11.15 サウジアラビア戦
 -T-:シン・二ホン 
 -U-:私はスキをあきらめない

2017.03.23 UAE戦
 -T-:アルアインに咲く華 
 -U-:イカレちまったぜー!
 -U-:Rock Over JAPAN

2017.03.28 タイ戦
 -T-:春雨ランデブー 
 -U-:鼓動の異味

2017.08.31 オーストラリア戦

 2016.09.06 タイ代表戦 -V-:勝てばよかろうなのだぁーッ!






感想を簡単に。

・試合開始直後に突然降りだした雨。途中も降ったり止んだりで湿度も上がり非常に鬱陶しい。 幸いにも私はギリギリ屋根の下だったので殆ど濡れなかったが、 前方の席はズブ濡れになっていた。
・先発に抜擢された浅野拓磨、原口元気は得点で結果を出し、山口蛍は守備で安定感をもたらした。 ハリルホジッチ監督の采配は結果として的中。
・ただ、結果は2-0。これだけチャンスで外しまくるのを現地で見ていると、周りはイライラしっ放し。 負けているホーム側スタンドより、勝っているアウェー側スタンドの方が空気は重かった。
・前評判では警戒されていたタイ代表。しかし、実際にはまだまだな部分が多く、チャンスを作る事さえ殆ど出来なかった。 ただ、それでも最後まで諦めずに試合をする姿、試合後に挨拶に来る謙虚さは見ていて清々しいチームだった。そして、90分間声を出し続けるサポーターも素晴らしかった。
・ただ、↑こういうチームだと、全くアウェー感は感じないよね。ヒリヒリするよなアウェー感も感じてみたかっただけに、そこはちょっぴり残念。
・前の試合では殆ど消えていた香川真司。今日は悪い意味で存在感抜群。 もう、ア●ィダス&朝●新聞としっかりお話をして方がいいんじゃないの?
・前の試合はまだマシだった本田圭佑もこの日は…。長谷部誠もパスミスが目立つし、うーん…。
・怪我の影響からか結局起用のなかった柏木。だったら“川崎の35歳”を呼んでおいた方が良かったんじゃない?

以上。

とりあえず、勝った。
それだけの試合である。

ただ、これはW杯の最終予選である。内容が幾ら良かろうが、収穫が沢山あろうが、負けてしまえば何も意味はない。

だから、結果さえ良ければ全てOKなのだ。

極論を言えば、素晴らしい試合を連発しても負け続けるぐらいなら、 糞みたいな内容でも勝ち続けてW杯で優勝してくれるならそれでいい。 有り得ないだろうけど、もし実際こんな事が起きたら、マスコミは揃って手放しで持ち上げるだろう。そんなもんである。
勝負事は勝った者が正義であり、歴史と文化を作るのだ。
内容なんぞ、後から幾らでも反省と修正をすればいいのだ。

だから何でもいい、勝てばよかろうなのだ。



選手達の挨拶を見届けて、スタジアムを後にする。

本来なら、ここで「ハイ、お疲れ様でしたー!」となるが、今日に限っては話が違う。
ここは海外、しかもアクセスが悪いとされるスタジアムだ。 ここからホテルに帰るまで、まだ気は抜けない。家に帰るまでが遠足である。

戦いはまだ続いているのだ。






スタジアムの外に出ると、雨は止んでいた。

しかし、周辺はカオスだった。

車、タクシー、バイク、歩く人が入り乱れ、少しでもスペースが出来るとそこに何かが入り込む。 歩道には露店も出ていて、飯を食っている人もいる。 もう、グッチャグッチャである。
当初の予定ではタクシーでホテルまで帰る予定だったが、こんな状況では渋滞は必至。何時になるか解らない。
次に考えたのは、バイクタクシー。これで取り合えず駅まで戻って、電車で帰る方法だ。しかし、この渋滞の中、隙間を縫うように走るバイクタクシーは結構怖い。 しかも、雨まで降っているので、リスクは増大している。
と、いう事で、50分程かかるが駅まで歩いて帰ることにした。

ここからは長くなるので簡単に。

駅まで歩いている途中で突然の集中豪雨。バス停に逃げ込む。
 ↓
バス停でたまたま他国から観戦に来ていた日本人のオジサンに会う。
一緒にタクシーで私のホテルの最寄り駅まで向かう事に。
 ↓
無事タクシーを拾う。ただし、運転手が道を知らず盛大に迷う。気づいたら逆方向に。
 ↓
運転中に運転手の携帯が鳴る。取ろうとした運転手、油断していきなりエンスト。
 ↓
片道6車線のど真ん中でいきなり停車する車、避ける後続車、鳴り響くクラクション…。車内は運転手への罵詈雑言の嵐。
 ↓
遠回りしながらも何とか、最寄り駅のアソーク駅に到着。ずぶ濡れになりながらホテルへダッシュ。

以上。
本当に疲れた…。これ以外、本当に言葉が出てこない…。
ベットに横たわった瞬間、意識が遠のいた。


2016.10.06 イラク戦 -T-:「あらしのあとで」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system