Thai-Japanese Stadium


■住所:Daeng,Khet Din Daeng,Krung Thep Maha Nakhon 10400
■オープン:-年
■収容人数:10320人


バンコク市中心部のバンコクユースセンター施設内にある同スタジアム。
主にサッカーの試合に用いられ、タイ・リーグに所属するバンコク・ユナイテッドFCがホームスタジアムとして使用している。 また、2007年AFCチャンピオンズリーグではバンコク・ユニバーシティ(現:バンコクユナイテッド)-全南ドラゴンズ等の国際試合でも使用されている。
■タクシー:BTS「「ビクトリーモニュメント」駅から約5分
■徒歩:BTS「「ビクトリーモニュメント」駅から約30〜40分

一番無難なのはタクシーを利用する事。タクシー料金は日本とは比較にならない程安いので、あれこれ考えるぐらいならサッサとタクシーを利用した方が賢明である。 ただ、このスタジアムはバンコク市内でもマイナーな施設の部類に入り、タクシーの運転手が知らない場合が殆どである。 事前に地図などを用意しておいた方が良いだろう。
気を付けなければならないのが、徒歩ルート。地図で確認すると直線距離だけを見て大したことがないように見えるが、 実際は途中に片道10車線を越える大きな道路があり、この道路を横断する手段は大きな交差点から2〜3km程先にある鉄骨の歩道橋しかない。 どうしても徒歩で行きたいのなら、歩道橋の位置までしっかりと調べていく事。


・施設内の他の建物と一体化しているメインスタンド。確かにここだけ切り取ってみれば、スタジアムには全く見えない。
ちなみに、スタジアムのどこにも「Thai-Japanese Stadium」という表記もない。

・収容人数は10230人。総一層式の良く言えば典型的、悪く言えば何の面白みもない陸上競技場で、全てのスタンドに座席が設置されている。
・ただ、メインスタンド以外は座席がピッチレベルから設置されており、トラックとスタンドとの間にも無駄なスペースがしっかりと確保されているため、お世辞にも観戦しやすいスタジアムとは言えない。
北側ゴール裏スタンドには大型映像装置も設置されている。 ちなみに、その下には「BANGKOK STADIUM」の文字が表示されている。

inserted by FC2 system