2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.09.01 UAE戦
 -T-:運命のベルが鳴る 
 -U-:灰色の木曜日

2016.09.06 タイ戦
 -T-:タマホマレする男 
 -U-:危険な生存戦略
 -U-:勝てばよかろうなのだぁーッ!

2016.10.06 イラク戦
 -T-:あらしのあとで 
 -U-:死なない男


キリンチャレンジカップ2016

2016.11.11 オマーン戦
 -T-:限りなく“赤”に近いブルー

2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA
日本代表 アジア最終予選

2016.11.15 サウジアラビア戦
 -T-:シン・二ホン 
 -U-:私はスキをあきらめない

2017.03.23 UAE戦
 -T-:アルアインに咲く華 
 -U-:イカレちまったぜー!
 -U-:Rock Over JAPAN

2017.03.28 タイ戦
 -T-:春雨ランデブー 
 -U-:鼓動の異味

2017.08.31 オーストラリア戦

 2017.3.23 UAE代表戦 -T-:アルアインに咲く華


最終予選第六戦、UAE代表とのアウェー決戦を観戦する為、アラブ首長国連邦・アルアインまでやってきた。

第一戦で敗戦を喫し、その後何とか盛り返した日本代表だが、第一戦の敗戦は今でも尾を引いている。
今日再び負けるような事になれば今後厳しくなるのは明らかであり、この試合は今後を占う非常に重要な一戦となった。



現地時間13:50。
バスで「タウン・スクウェア」まで戻り、今度は940番線に乗り換える。
本日試合の行われる「ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム」はどちらかというと市の中心部から離れた所に位置し、 市の中心部から見た時の交通の便はこの940番線のバスかタクシーの二択となる。



バスに揺られること15分。スタジアムの外観が見えてきたところでバスを降り、ゆっくりと歩いてスタジアムに向かう。 降りてすぐ目の前にスタジアムがあるというのも一興だが、私は時間があれば出来るだけ遠くからじっくりと近づいて行きたいと思っている。
ゆっくりと舐めるようにスタジアムを見渡し、自らの足でスタジアムに近づいていく時に湧き出る高揚感が堪らなく好きなのだ。



写真でも十分に魅了された世界有数の美しいスタジアムを実際に目の当たりにし、呆然と立ち尽くす。
心の底から本当に来てよかった、と思う。
そして、本日の試合の会場をこのスタジアムに変更してくれたUEAサッカー協会には心の底から感謝したい。



本日の試合の開門予定時間は試合開始三時間前となる16:30。
現在の時間が14:30なので、まだまだ時間はあるが、一応入場ゲートに向かってみる。

入場ゲートは現在建設中のショッピングモールの隙間にあった。
時間が早過ぎるのか、ゲート前には日本人サポーターの姿は人っ子一人見えず、係員のオッサンも私の早すぎる来場に呆れて笑っていた。
私はオッサンに挨拶し、アウェー側の入場ゲートはここで間違いないか?と確認すると、ここで間違いないという事だった。

そして、オッサンは続け様に言う。

「お前、チケット持っているのか?持ってないのならあっちで貰えるぞ。」

!?????????

正直、何を言っているのか、全く意味が解らなかった。
今日の試合のチケットは完売というニュースも見ていたし、「当日会場でチケットを配る」という行為そのものが私の常識では理解できなかった。
もしかすると、元々英語は苦手なので、正しく聞き取れていなかったのかもしれない。

ただ、それでも、本当かどうか確認してみたくなるというのが人情である。
まぁ、今日の試合のチケットは元々持っているし、別に貰えなかった所で何の問題もないし、そもそもどうせ暇だし…。
と、いうわけで、「あっち」方向に向かってみる事にした。



「あっち」の方向にあったチケット売場周辺には多くの人が集まっていた。
ただ、普段見慣れた光景とはちょっと違う。
正面の窓口は閉じられ、誰も並んでいないのに、横の窓口には人が群がっていた。
そして、その場から離れる人は皆、チケットを手にしていた。

本当にタダで配っているのか?…

まだ、正直この状況では確認できない。

ただ、その後チケット購入のために現れた日本人大学生に確認すると、どうやら本当にタダでチケットを貰えたらしい。
更に、日本人だとわかるとご丁寧に「アウェー側」チケットをくれたようだ。

マジかよ…

こちらの国内リーグではチケット無料は当たり前、観戦に行くとお小遣いまでくれるという噂を聞いた事があったが、 まさか代表戦でも無料で配るとは思ってもみなかった。

しかも、私はこのチケットを入手するために、販売当日、旅先のホテルから時間丁度にネットに繋ぎ、 何度も何度も接続が切れる中、そこそこ苦労して真面目に手配していた。
時間も金もそれなりに浪費したわけである。
それに対してこの仕打ち…。

もう、何なんだよ…

ただ、ここまでいい加減だと怒りも沸いてこないし、全くムカつきもしない。
金持ちってスゲーなぁ…と、呆れるだけである。



現地時間15:00過ぎ。
開門時間までまだ1時間半もあるという事で、更に周辺をブラブラする。
去年のバンコクで行われた「タイ代表-日本代表」戦の時は周辺に出店が立ち並び、辺りは試合開始何時間も前からお祭りモード一色だったが、 今日に限ってはそういう感じは全くない。
出来れば食べそびれた昼食を取りたかったが、ショッピングモールも月末に開業予定らしく営業していない。
と、いうことで、少し離れたところにあったガソリンスタンドに併設したマクドナルドに向かうことにした。
私は日本にいる時は基本、マクドナルドやケンタッキー等のアメリカ系ファーストフードの店には行かない。 しかし、こういう店は、商品、価格設定、店内ルール等どこ国に行ってもそれ程変わりがなく、 海外ではある意味安心して利用できる。そういう点においては、海外では非常に重宝するのだ。
まぁ、今回に限って言えば、店内はUEAのサポーターが占拠していたので「身の安全」だけは若干の不安を感じたが、それも杞憂で終わった。

ちなみに、こちらで食べたマクドナルドはパテも肉厚で食べ応えがあり、独特の風味が強いソースがパテと非常にマッチしていて想像以上に旨かった。
ただ、値段はセット価格で30AED(日本円で1000円以上)と日本のマクドナルドの感覚で行くとチョット高い…。



開門時間30分前。
お腹も満たされたので、再び入場ゲートに向かう。

しかし、当初確認を取っていた入場ゲートには誰一人おらず、日本人サポーターは何故か皆違うゲートに集まっていた。

そして、ここから入場するまではもう本当にグダグダ…。

開門予定時間になっても入場ゲートは開かず、開いたと思ったら「入場ゲートはここじゃない!」「あっちだ!」「こっちだ!」と係りの人間に何度も振り回され、二つの入場ゲートの間を行ったり来たり…。 ようやく最初にここだと言われていた入場ゲートから入ることが出来たものの、チケットを渡すと 「このチケットは使えるのか?」と周りに確認する始末。



その後も次々に現れる係員から何度もチケットCKを受け、最後に待っていたのは厳重な身体&持ち物検査。
鞄の隅々まで調べられた上に、ポケットも一個一個確認する入念なボディCKを受け一部持ち物を没収されてようやく入場。
結局、入場出来たのは当初の開門予定時間から45分も過ぎた17:15過ぎだった…。


2017.3.23 UAE戦 -U-:「イカレちまったぜー!」に続く・・・


HOME

inserted by FC2 system